あなたはどのように思いますか!? 日本の小学生向けのクールなプロジェクト課題を見てみましょう – ANNGLE TH

最後の更新:

小学校から高校まで、日本のこの学校を知っていますか? 夏休みも宿題です。 2 人でレポートの作成演習を行います。関心のあるトピックを調査し、それらをプロジェクトに変換することも含まれます。 日本の小学生が何をしているか見てみましょう。 言っておきますが、私たちのような大人はそれを期待していません。

4年生によるプロジェクト「日本の主格印鑑の文化」のテーマ

企画テーマ この「日本の印鑑文化」は、平成31年度文部科学大臣表彰を受賞した小学4年生の佐久間志奈さんの作品です。佐久間さんは日本の印鑑の歴史を学びました。 はんこ(はんこ)とも呼ばれ、はんこ(はんこ)と印鑑(印鑑)の違いを研究していると、一見どちらも日本の切手です。 50名のアンケート調査と多くのスタンプショップへの取材を通じて。 出来上がった作品については、Twitterユーザーからは大人の作品と絶賛の声が。 老若男女が楽しめる内容。 今まで知らなかったことがたくさんあります。 そして、4年生には見逃せないと思うコメントまでつけて頂き、本当に有難いです。

小学3年生の課題「コンピュータを自分で発明」

日本の有名な実験的 YouTuber GENKI LABO の娘は、父親の足跡をたどって「コンピューターを自分で発明する」というプロジェクトに取り組み、発明されたコンピューターを使用してマインクラフトを快適にプレイします。 これ以上のハイテクはありません。 ネチズンの声は、この子は間違いなく遠い未来だという声が飛び交っている。 3年生なのに超かっこいい。

4年生によるプロジェクト「学期休みの荷物運搬カート」の課題

日本での長い学期休みの前の最終日 私たちは自分の本、文房具、服、ちょっとしたものを家に持ち帰らなければなりませんが、省力化のアイデアを持っている4年生がいるとは誰が思ったでしょうか。これらのものを運ぶためのデバイス? 弟は人力車に身の回り品と雑多な荷物を入れ、誰かに一気に運んでもらった。 これにより、エネルギーを節約し、1 つの場所で過ごす時間を減らすことができます。 ソーシャルメディアの声は、アイデアは素晴らしく、機能し、非常に効果的であるとコメントしています.

これは、興味のあるテーマを見つけられない一部の子供たちの創造性と優れた思考プロセスを促進する要因の 1 つです。 または勉強方法がわからない 日本では、反省、質問、研究のプロセスを教える本もあります。 児童書ですが、中身は論文を書いたり、大人のデータ分析作業のようなものです。 詳細を知りたい人は? 荒木健太郎の本が無料でpdfダウンロードできるようになりました。 興味のある方はこちらへ リンク これを見て

の内容の要約 ニュースヤフー

Tamashiro Masumi

「ゾンビ学者。不屈のツイッター実践者。献身的な思想家。読者。一般的な主催者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。