すべての日系人の健康保険

50年以上の運用」国民皆保険 その結果 “日本” これは、健康政策の実施のモデル国の1つです。 日本人が医療や公衆衛生サービスにアクセスできるように支援します。 包括的かつ徹底的であるだけでなく、同じ基準

1913年の初めから、労働者間の健康保険の統合。 コミュニティ内で健康保険を提供するために配布された1938年に続きます。 1961年までは、国民皆保険に拡大されました。 医療サービスと予算管理を緊密にリンクすることによって

国民皆保険のユニークな日本モデルで無制限のサービス給付と固定サービスユニットなし。 最初にプライマリケアユニットを通過することなくサービスを受けることによって 日本人だけでなく、サービスを受ける機会もあります。 無制限の医療と健康サービスも受けられます この形式の資金管理は、権利所有者のシステムに満足をもたらしますが。 しかし、これにより、1人あたり年間平均12のサービスが提供されます。 したがって、サービスの乱用を防ぐために自己負担のルールが必要です。

日本の国民皆保険制度で使われている予算の源泉は、自由な経済政策を持っており、自立を強調しています。 人口の大多数は債券を持っています。 したがって、社会保険に基づく制度のモデルを用いて、すなわち、人々は保険制度における保険料の支払いに参加する。 保険会社は、高収入と安定した収入の大企業の従業員の4つのグループに分けられます。 公務員と中小企業家は、これら2つのグループに保険をかけ、徴収基金の予算の約50%を占めていますが、収入グループは不確実であり、年金受給者のグループである高齢者は、政府が約40%の予算を計画しています。残りは国民からの自己負担です。

日本におけるこの特定の形態の国民皆保険の利用可能性は、2つの重要な要因の結果です。単一のシステムの下でサービスを提供する能力と、全国で同じ給付パッケージです。 国内の保険会社の数は4,000以上であり、パートナーと利益を共有することを目的とした非営利の医療法が存在するにもかかわらず、日本の医療施設の90%は民間部門によって管理されています。

先生たげみ健三 日本上院議員国民皆保険推進への貢献者の一人この情報は、国民皆保険に関する調査と経験の交換の際に提供されたものです。 招待チームを率いる国民健康安全委員会(Board NHSO)の議長国際協力機構 (国際協力機構:JICA)

上記の情報から、国民皆保険 タイは、日本のような治療や医療サービスへのアクセスを保護するために、健康保険に加入していない人々に保険を提供する政策を推進するための出発点となるでしょう。 しかし、経済や社会の予算の面で国の状況が異なるため、日本を歩くことは不可能です。異なる管理方法が必要です。

現在、タイには国内の保健システム管理があり、3つの主要な保健基金、すなわち、約1,000万人の適格者を擁する社会保障基金、約500万人の適格者を擁する公務員医療福祉基金、および国家保健保障基金に分かれています。 国内最大のファンドであるFund.nation最大4800万人の適格者をカバーしていますが、主要なシステムは3つしかありませんが、各ファンドには異なるメリットがあります。 資金が多い日本とは異なり、メリットは1つだけです。 過去には、この不平等を減らすために利益を調整するための努力がなされてきました。

この点について、 “国民健康保障基金」 国の保健システムの大規模な改革の一環として2002年に設立され、NSSO理事会が管理を担当し、NHSOが機能している。平均的な苦しみ、平均的な幸福 政府の支援を受けて一人当たりの予算の形で予算を管理するために使用されます。

タイのほとんどの病院とサービスユニットは政府が所有しています。 保健省を含む一次、二次、三次レベルでは、一次医療の基礎が長い間築かれてきました。 彼らは国の健康保険制度の実施を成功させるための重要な貢献者であり、発展途上国における健康保険制度の実施のモデルとなる。 現在、タイは、患者の治療へのアクセスを増やすために、重大な病気の利益のために定額の医療補償システムを採用しています。 システムに予算を追加する方法の研究を含む次の段階でタイと日本の間の知識交換があります。

しかし、国民皆保険制度の確立は、日本とタイでは形が異なります。 しかし、彼らは継続的に上昇するシステムコストの負担に対処しなければなりません。医薬品や医薬品の高騰に加えて、高度な医療技術や給与の開発、医療従事者の報酬高齢者人口の増加には、依然として重要な要素があります。 by Japan 1961年の国民皆保険制度の開始当初、人口に占める割合は5.8%に過ぎなかったため、ポイントオブケアに基づいたケアが行われていました。 しかし、高齢者の数が26.7%増加するにつれ、高齢者の医療費は大幅に増加しました。

タイは高齢化社会に移行しています。 国家統計局によると、1994年には60歳以上の人口の割合は国の人口の6.8%でしたが、2014年には14.9%に上昇しました。国の人口は60歳の人口の20%に達するはずです。 。 2025年には人口が増え、タイは完全に高齢化する社会への一歩となるでしょう(高齢者社会)

良い制度がなければ、日本もタイも国の医療費を大幅に増やすことはありません。 長期的な財政保健システムに影響を与える可能性があります それをサポートするには、優れたシステムが必要です。 政府はこれまで、地域に根ざした高齢者の世話をする方針、例えばかかりつけ医のチームを作る方針を持っていました。 目標は、2026年までに6,500のかかりつけ医チームを持つことでした。介護(LTC)システムは、参加を利用して、システム内の高齢者の介護者の数を増やします。 家族や地域社会に焦点を当てることで、将来的には国の医療制度のコストを削減できます。一方、日本は、タイの学習や経験の交換によって地域社会に根ざした高齢者介護政策を調整しました。

タイと日本の間のこの協力は、どの国でも国民皆保険の実施を反映しています。誰もが国の状況に適応した管理スタイルを持っています。 同時に、さまざまな国の学習経験を交換する必要があります。 それが持続可能であるように国の健康保険制度の改善と発展につながる

………………………………………….。 …….。

JadetThammathatchaaree博士

保健安全保障局の副事務総長

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です