だるまファットラウンドドール(だるま)日本の縁起の良いお守り



現在、「だるま」のトレンドは「だるま寿司」ほど人気が​​なく、閉店して逃げることでお客さまが流入することを意味します。 この日本食レストランによる画像としてショップのロゴを使用してください。 赤「だるま」

だるまの起源と真の意味をぜひご覧ください。 (すでにだるまクーポンを購入されている方は、だるまを見つけて、早急に不運をなくすために祝福をお願いすることをお勧めします。)


日本を訪れたときによく知っているのは、ぽっちゃりした丸い木の人形「だるま」です。 ほとんどの場合赤ですが、他にもたくさんの色があります。 それらは、最も人気のあるサイズである鶏の卵と同じくらい小さいものからさまざまです。 巨大なサイズにこの人形は美の装飾品ではありません。 しかし、それは日本の信念によると縁起の良いお守りです。 興味深い起源があり、色ごとに異なる意味もあります。

だるまの起源
「菩提達磨」または菩提達磨に由来し、日本人からはだるままたはだるま大師と呼ばれることが多い彼は、禅仏教の創始者と見なされている5〜6世紀のインドの僧侶でした。 座禅と呼ばれる座禅。

達磨は9年間深く瞑想し、空の壁に目を開いたという伝説があります。 そして、彼が彼の忍耐力を壊し、彼のまぶたを切ったことに対して彼自身に激怒したときだけ彼の目を閉じます。 まぶたを失うことに加えて、達磨の腕と脚は萎縮し、何年も動くことができませんでした。 だるまは大胆不敵な精神を育み、目を開けて体を動かさない人形です。 伝えられてきた伝説による達磨を描いたメディア

芳年による絵画、1887年。
だるまの誕生
達磨の伝説から17世紀頃、群馬県高崎市の農民が最初の銅像を作ったと言われています。 人形が良い生産性をもたらすと信じている祝福のお守りとしてそしてこれらの人形を売ることは景気後退の時に余分な収入を稼ぐ方法です。 そして数十年後、幸運を祈るだるまの信念文化が日本中に広まりました

だるまは中空で球形で、あごひげを生やして描かれています。 達磨の伝説に触発された彼女はもともと赤でした。 (菩提達磨のローブの色によると)一方、悪魔を追い出すために赤を信じているため。 さまざまな病気を含むしかし、今日では、信念によると多くの色があります。

歌川国芳による木彫り、1852年。
だるまの丸い形は、伝説の達磨の手足のない姿を表しています。 しかし、それよりも深い意味があります。 忍耐力を彷彿とさせる隔年人形だから何回倒れてもいつでも元に戻れるはず

人形の顔、つまり鶴の形に描かれた眉毛を描くための重要な詳細があります。 あごひげは亀のように見えます。 これらの動物は両方とも長寿を表す縁起の良い動物です。 この考えは、「鶴は1、000年、亀は1万年」という日本のことわざに由来しています。

もう一つのハイライトは、だるまには目がなく、空白が残っていることです。 祝福の伝統のために


祝福と崇拝の伝統
だるまは目が黒くありません。 購入者が願い事をしてから、人形の左側に黒い絵の具を塗るのが通例です。 計画された祈りが成し遂げられたらそれで、右側から下に向かって徐々に黒い目を軽くたたきます。 感謝の気持ちを表すために使われ、祭壇を適切な位置に飾るために使用されます。縁起の良いもののお守りとして保管してください。

しかし、だるまは私たちがいつも崇拝している仏像とは異なる信念を持っています。 年に一度、お祈りに答えるかどうかにかかわらず、バイヤーは人形を神殿や神社に返却します。 または開催された年次パーティーによると焼けましたそれを処理するサービスを持っている郵便局にそれを送ることさえ。 ゴミを捨てないでください


色と意味
最初は人形は赤だけでした。 しかし、もっと色がありました。 それらは地域ごとに異なり、異なる信念に対して異なる意味を持っています。

赤:日本人にとって縁起の良い色。 メディアは幸運と繁栄の成功を表しています。 家族の安全を含む
白:学問分野の代表。 知識の研究
イエローまたはゴールド:競争力のある成功、名声、財産、富。
黒:不運からの保護。 災害プラントの完全性を追いかける
オレンジ:繁栄、ビジネスでの幸運、ショップ


青:プロの業績、求人応募
緑:健康、癒し、運動、スポーツ。
紫:長寿、健康。
ピンク:愛、友情、結婚
お金:社会的地位、性格、勤勉さ、自己改善。

今日、日本人は新年の初めにだるまを買うことがよくあります。 これらの人形は願いを叶えるのに役立つと信じています。 日本の雑貨店で買えます。 観光客に人気のお土産になることもあります。 幸運をもたらすと信じられている

########################################

観光に関する情報を電子メールでtravel_astvmgr@hotmail.comに送信するか、クリップを見ることができます。 Youtube:MGRトラベルInstagram:@travelfoodonlineTikTok:@travelfoodonline

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です