イノベーションのスピードで「日本」を見つめてみましょう。 デジタル時代に適応する |

仙北市は山に囲まれた都市です。 温泉もある美しい田沢湖もあります。 しかし、田舎の他の町と同じように。 仙北市をはじめとする多くの先進国は、人口動態上の課題に直面しています。 実際、出生率は低く、働くために都市に移住する若者が増えています。 その結果、当初の人口2万6400人は年間500人ずつ減り、4割以上が65歳以上となった。

若者を田舎に呼び戻すイノベーションを開発する

より多くの若者を農村部門に復帰させる 目標は、ドローンをはじめとするスマート車両イノベーションのリーダーになることです。 仙北市は2016年、日本政府の改革戦略の一環として国家戦略特区に指定された。 これにより、都市はイノベーションを実験することができます。

2016年、仙北市は日本初の国際ドローン競技会(ドローンインパクトチャレンジアジアカップ)を主催し、日本と他のアジア6か国から50名以上の出場者が参加した。

ドローンインパクトチャレンジの写真

移動車両ソリューションのテストと AgTech 農業技術の促進

同年、元スキー場に200ヘクタールの広大なドローン試験場が開設された。 人々に興味を持ってもらう このスキルを開発したいと考え始める これにより、市はさらに、カルノダテに小さなドローン レーシング トラックを開設することになりました。 今年は国際ドローン映画祭も開催される。 全国からの新聞配達実験も行われました。 学校図書館への本も

また、地元の農家にドローンを使った農薬散布サービスも提供している。 小型ラジコンヘリコプターを利用するよりも安価です。

アグリテックによるもう一つの開発取り組みには、モノのインターネット(IoT)技術を利用した温室の設置が含まれており、温度、湿度、太陽光、植物に影響を与えるその他の要因を監視できるようになる。 情報は農家の携帯電話に送信されます。 時間と労力をさらに節約できます。

また、移動車両ソリューションもテストします。 このプロジェクトは内閣府の支援を受けています。 田沢湖畔で無人公共バスの試験運行を開始。

この取り組みは、高齢化社会との戦いにおいても重要な一歩となります。 ドローンは、高齢者が物を自宅に運ぶのにも役立ちます。 あるいは、森で道に迷った人々を見つけるのにも役立ちます。 そしてそれよりもさらに進んだものです。 日本は現在、解決策を模索している。観光サービス専用の自動運転バスを導入する。

欲しい デジタル時代における求職者の変革

社会を改善しようとする日本の取り組みのさらなる証拠は、東京の次のような注目のスタートアップ企業です。 欲しい これにより、日本経済にとって非常に重要であると考えられる人材紹介会社の新しい定義が作成されました。

続きを読む: 「Wantedly」の CEO、仲暁子とチャットしましょう。スタートアップ分野のインフルエンサーである日本人女性です。

Wantedly インスピレーションと情熱をコネクタにして、求職者と企業をつなぐプラットフォーム。 ユーザーはウェブサイト上で給与や福利厚生の詳細を見ることはできません。 それ以上 ユーザーは、求人応募を提出して面接を待つ代わりに、まず会社に立ち寄って会社について詳しく知ることができます。 他の従業員と会って話し合って決定を下します。

肖像画肖像画

主なターゲット層は、デジタル時代の新世代です。 Wanted は、履歴書を提出して面接を待つという従来の求職プロセスを放棄しました。 Wantedly は、Wantedly CEO の仲暁子氏が「ソーシャル リクルーティング」と呼ぶ、新しい仕事の探し方を導入しました。

私たちはそれを会議プロセスとして定義することにしました。 Wantedly は率先して関係を築いていきます。 末永い関係を続けていきましょう。

「5 年前、新しい会社を立ち上げたとき、10 社中 9 社がこのモデルに同意しませんでした。 彼らにはそんな時間がないというのがその理由だ。 しかし、このモデルが現在成功を収めていることは明らかです。当社の顧客は 30,000 人を超えています。

アキコさんは、日本の就職方法が変わりつつあると指摘する。 2018年現在、日本政府の経済政策を指導する上で重要な役割を果たしている専門組織である日本経団連も、長年にわたり日本のビジネスセクターと社会の代弁者としての役割を果たしてきました。 これにより、1,400社以上の企業が学生を雇用できる時期を規定する規則が撤廃された。 この側面を自由化することで、より多くの雇用と成長がもたらされるでしょう。

34歳の仲暁子は、日本で最も若い女性CEOの1人である。 一時の転職を経て2010年に起業。 2008 年、彼女は世界最大の証券会社であるゴールドマン・サックスに勤務しました。 彼はまた、漫画家になるという夢をかなえようとしました。 それから 1 年も経たないうちに、私は Facebook で働き始めましたが、最終的には自分の会社を経営する方がより適していることに気づきました。

続きを読む: 「Wantedly」CEO の成功の秘訣と、変化の時代に一緒に働くのに適した人材を見つける

2017年には東京証券取引所に上場した。 現在、日本、香港、シンガポールに 100 名の従業員がいます。

これまでの成功により、Wantedly は多くのビジネスの成長を支援してきました。 のようなタクシーサービスプロバイダーであるかどうか ジャパンタクシー 彼らは人材を見つけるために Wantedly プラットフォームを使用しました。 それ以来、このアプリは 600 万回以上ダウンロードされています。 直近では2018年にトヨタ自動車から総額600万回以上の出資を受けたと発表した。 75億円または6,790万ドル

写真提供者: JapanTaxi

「企業に適切な労働者を見つける機会を与えます。 従来の就職活動のように会う機会はありません。 私たちの違いは、求職者が面談後に企業に応募書類を提示できることです。 ほぼすべてのスタートアップがWantedlyプラットフォームに参加するようになった今、私たちは今後も新規事業を支援していきます。 そして私たちのビジネスを成長させ続けてください」とアキコ氏は言いました。

参考画像とニュースコンテンツは次のとおりです。

Nakao Momoe

「フリーランスのベーコン愛好家。音楽愛好家。起業家。ワナビーアルコールオタク。学生。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です