インターをスキャンし、資産を取得し、産業顧客-高価な石油を逃れるためにガスを使用するための輸送パレード

インターをスキャンし、資産を取得し、産業顧客-高価な石油を逃れるためにガスを使用するための輸送パレード

Scan Inter PublicCompanyLimitedまたはSCNのマネージングディレクターであるRithyKitpipit氏 同氏は、この状況から、今年の原油価格は1バレルあたり110米ドルに上昇し、昨年に比べて45%上昇したと述べた。 また、政府は液化石油ガス(LPG)の価格を引き上げたため、産業部門向けのICNGとNGVの価格が上昇し、同社はより多くの売上を達成することができました。 さらに、どちらのタイプも現在の石油危機で最も安価な燃料です。 その結果、起業家は産業および運輸部門でのICNGおよびCNGの使用の増加に目を向けており、これは事業売上高の増加につながります。 ICNGの売上高は30%増加し、GNVは10%増加すると予想されます。

リシー氏は、ICNG事業はThai-Japan Gas Network Co.、Ltdによって運営されていると述べた。 現在、SCNが51%、静岡ガスが49%を所有しています。 現在、同社はICNGを販売している。 これは、1日あたり約33億BTUです。 そして、6月末に3人の新規顧客にガスを供給する準備をします。さらに、既存の顧客は大量生産でICNG燃料に切り替えたいと考えています。 これは、NGVが輸送の主な燃料である7月に明らかになるはずです。 その結果、この事業ポートフォリオは成長しています。 NGVの生産、輸送、サービスステーションから

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です