ウィチャヤはオーストラリア人を倒す前にほぼ2時間激しく打った。 ITFメインドロークォータ

ウィチャヤはオーストラリア人を倒す前にほぼ2時間激しく打った。 ITFメインドロークォータ

2022年のITFワールドテニスツアー国際プロテニストーナメントは、世界ランキング「タイ-ITFテニスツアー」で4回目(男女別プログラム)のポイントを獲得し、1アイテムあたりの賞金総額は15,000米ドル、約520,500バーツ(合計30,000米ドル)です。 、約1,041,000バーツ)6月20日、チェンライ県管理機構のテニススタジアムで、2回目の予選トーナメントが行われました。

シングルスの男子「ジュニア」ウィチャヤ・トロンチャロエンチャイクルタイ代表打者、第31回東南アジア競技大会、27、予選ラウンドの第3シード、1368ワールドハンド(ATP)は、ATで世界ランキングを獲得していないオーストラリアのアルジュンメロトラ(25)と対戦します。 しかし、ITFには641のITFランキングであるランキングがあります。 そして、最後の3セットでお互いにぶつかる力を発揮しなければならないようです。ウィチヤは2-1、セット7-5、3-6、スーパータイブレーク10-6で勝ち、1時間かかりました。この試合の残り41分、Wi Chayaは9エース、Arjun Mehrotraは12エースを出しましたが、2つのダブルフォールトを失いました。 マレーシアのDarshanSureshを6-2、6-4で破ったKrittinKoykulとのメインドローのクォータ。

ビエラディーパーマの側で、18歳のタイのストライカー、半分タイ-ロシア人。 世界ランキングを持っていない人は、単一の女性のカテゴリーで良いプレーの形を示しています正確な勝利の動きを使用し、できるだけミスをしないようにしてください。 あなたがまだ世界ランキングを持っていない18歳のオーストラリアの打者であるEstelleNayenを打ち負かすことができるまで。 1時間3分の時間で、ビエラは2-0で勝ち、6-2と6-1をセットし、最終予選ラウンドまで上昇して、ラダ・マナタウィワットとのメインドロークォータを獲得しました。 -3、6-4

他のタイのテニス選手、女子シングルス、第2ラウンドの予選の結果については、スウィーチャヤ・ブーンリエンがニハリカ・デジムク(インド)を7-5、6-2タナチャポーン・ヤングモードがジェニファー・オルチュクウ・イベト(ナイジェリア)を6-0、6-2ササポーンで破った。ナクロールがピマダ・トンカムを7-5、6-4で破ったインラック・チッタゴットがイシャ・バドワル(インド)を6-2、6-1で破った

MelissaSeはBiancaCompuesto(オーストラリア)0-6、7-6(8)、Super TieBreak6-10に敗れました。 ナチャリー・ティーラチョッチラノンはプリヤンチパンダに敗れた。 Ri(インド)1-6、2-6 DolraweeTumthongがSanjanaSirimalla(インド)を3-6、0-6 Lydiar PodgoricaniがRinonOkuwaki(日本)に敗れた7-6(4)、4-6、スーパータイブレーク7 -10。

一人の男が予選2回戦で、クレジット・チェアリンがリウ・ハニー(中国)を6-3、7-6(3)で破った。ポン・ワタナクルがイン・バン・チャウ(台湾)を7-6(6)、6-1で下した

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。