ウクライナは砲撃後、ドネツクの建物の瓦礫の下で救助に駆けつけます

ウクライナは、ロシアのロケット弾に襲われて15人が死亡した後、ドネツク地域で約20人の瓦礫の下に閉じ込められた人々を救助するために急いでいます

今日(2022年7月11日)、外国の通信社は、ロシアがドネツク地域の住宅でロケットを発射したと報告しました。 ウクライナの東で、最後の土曜日の夜の真夜中にいくつかの建物が崩壊しました

ウクライナの救急隊は、少なくとも15人が死亡し、そのうち6人が瓦礫から救出され、瓦礫の下に閉じ込められた他の3人に連絡があったと述べた。

子供を含め、約24人が瓦礫の下に閉じ込められていると考えられています。


ウクライナ大統領のタスクフォースの長テレグラムアプリに投稿されたメッセージは、攻撃がテロリズムであると述べました。 そして、ロシアはテロリズムの国家支援者として分類されるべきです。

しかし、ロシア軍はドネツク地域の町を攻撃し続けました。 エリア全体をコントロールしてみてください

続きを読む

スリランカの大統領と首相が辞任

アナリストは、日本の与党が上院議員の選出に有利になることを期待している。

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。