カシディットはテニスで8つのお気に入りを4つ失い、チェンライでワールドポイントを獲得しました

国際プロテニストーナメントであるITFワールドテニスツアー2022は、世界ランキングで1回目の「タイ-ITF男子テニスツアー」と1回目の「タイ-ITF女子テニスツアー」でポイントを獲得します。 (合計2エントリー1,638,500バーツ)テニススタジアムで。 2022年6月2日のチェンライ州行政組織は第2ラウンド(16人)です。

ニュースをフォロー、フォローをタップ、ライブニュース

男子シングルス部門「ブーム」カシディット、タイ出身の21歳のストライカー、第31回東南アジア競技大会代表チーム、ワールドハンド985は、準々決勝または最後の8人の出場権を獲得しました。 世界の手である日本出身の24歳の520打者である日本の「お気に入り4」を打ち負かす良い形を発表した後、次のラウンドで2セット6-4、6-2を獲得したカシディットは会う予選ラウンド2-1、セット2-6、7-5、6-4から戻ってきたナタシット・クルスワンを、7番目のシードで世界No.620のルービンSニュージーランドのタサムが破った。

女子シングルス部門では、19歳のタイの打者、703歳の世界の手、銀メダリスト、女子シングルスの「アオムシン」アンキサチャンタが、第31回東南アジア競技大会で約1時間かけてソヒウェスを破った。 25歳のオーストラリア人テニスプレーヤー。元世界140位、現在世界559位、2-0セット6-4、6-0アンチサが準々決勝に進出し、中国の高新宇と対戦。日本のハルカカチを破り、8、6-3、6-1でシード

28歳のストライカーであり、世界で458位であり、第31回東南アジア競技大会の女子金メダルで4番目に人気のある「ラックス」ラクシカ・カムカムも準々決勝に出場できます。 最初のセットを失った後、振り返った後、次のラウンドで世界511、2-1、セット4-6、6-3、7-5である23歳の日本の小堀桃子に勝つために戻ってきてください。 インドのカルマン・クロ・タンディが日本の第7シードの瀬間詠賀を2-6、6-1、6-1でノックアウトした。

他のタイのテニス選手の成績については、男子シングルス第2ラウンドで、ジラット・ナワシリソンボンが押誠に敗れ(日本8位)2-6、2-6ユッタナ・チャロエンフォンがチュ・ユ・チューに敗れた(台湾)2 -6、1-6 KrittinKoikulがDayneKelly(2番目のオーストラリア人)に敗れた4-6、4-6KongsapGangaがConstantineKraiFchuk(5番目のシード、ロシア)に敗れた3-6、1-6

女子シングルス、第2ラウンド、パチャリン・チーチチャンデット、サン・ファン・イン(第5シード)、6-4、2-6、6-3、ピアン・タン・プリプエット(第2シード)、波方町波方(日本)を6-2、6- 2

男子ダブルス、準々決勝、プラチャ・イスロ-バセタップ・スクサムランがチュー・ユキウ(台湾)-サン・ファジン(中国)に敗れ、プログラムの最初のシード6-7(7-9)、3-6。

準々決勝ペアのラクシカ・カムカム-モモコ(日本)4シード、荒川春菜-荒川夏穂(日本)を6-0、6-2で破る

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。