カンガルーは、ペルーとのゴールレスドローの後、2022年のワールドカップでプレーしました。 PK戦に勝ちました

オーストラリアがペナルティで勝つ前に120スコアレス分でペルーを破った後、アジアゾーンは2022年のワールドカップでプレーする6番目のチームを確保しました。

ニュースをフォロー、フォローをタップ、ライブニュース

2022年ワールドカップ予選6月13日の大陸間プレーオフ「カンガルー」オーストラリアはアジアで5位、ペルーは南米で5位になります。 カタールの町アル・ラヤンにあるアフマド・ビン・アリ・スタジアムでキックオフ。

このゲームでは、オーストラリアはミッチェルデューク、ジャクソンアーバイン、エイディンフルティックをフィールドに配置し、ペルーはジャンルカラパドゥラ、クリスティアンクエバ、アンドレカリージョを使用しています。

ゲームの前半は単に目立ちます。 発生するショットは散発的であり、フレーム上でもまったくありません。 0-0に等しくする

後半は、2人がさらに攻撃を試みた。 しかし、最後の打撃はそれほど危険ではありませんでした。90分後、まだ0-0で引き分けられ、30分の延長戦が必要でした。

怪我の時は、107ペルーがリードするはずです。 ペナルティーエリアの左側からボールが開かれた。 エディソンフローレスは、ディフェンダーを飛び越えてフルポストを打つためにペースを上げました。 120分のタイミングで、PK戦で0-0に等しいことを決定する必要があります。

その結果、オーストラリアのマーティン・ボイルがセーブを行い、ペルーのルイ・アドビングラがポストに当たって急死を余儀なくされ、フロント5は1点を逃した。 ペルーのアレックスバレラがセーブを決めている間にオーストラリアのチームが発砲したので、オーストラリアは5-4で勝ちました。

これにより、オーストラリアは2022年のワールドカップで31位または2位になります。また、カタール、韓国、イラン、サウジアラビア、日本をホストした後、アジアゾーンで6番目のチームとなり、その後6回目の全国決勝に出場しました。 1974、2006、2010、2014、2018。

グループステージでは、オーストラリアはディフェンディングチャンピオンのフランス、デンマーク、チュニジアと並んでグループDに参加します。

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です