ガラスのゲスト訪問を歓迎します

「どういたしまして。 岸田文雄首相(岸田文雄)が昨日(4月28日)、岸田文雄首相が公式訪問したことを首相官邸のスポークスパーソンであるタナコーン・ワンブンコンチャナ氏が発表したのを聞いた後、ケオ・ケオ氏が訪ねてきた。 2022年5月1日から2日までタイ政府のゲストとしてのタイ(公式訪問)

この訪問は珍しいものでした。 岸田首相が就任して初めてタイを訪れたからです。 そして、日本の首相が9年ぶりにタイを訪問した。 2013年の安倍晋三首相の訪問以来

今年はタイと日本の外交関係樹立135周年を迎える特別な機会でもあります。 タイがASEANと日本の関係の調整国である地域(2021年から2024年)にいること、そしてタイが年末にAPEC会合を主催する意思を確認する機会を含む。

これがタイと日本の二国間関係です。 しかし、もう少し広い視野で見ると、今回の旅行では、日本の首相は8日間で5か国を訪問しました。 本日(4月29日)インドネシアを離れ、2日間のミッションを完了した最初の国としてインドネシアに向かいます。

その後、岸田文雄首相が10月4日に正式に就任して以来、4月30日から5月1日まで、岸田文雄首相の招きでベトナムを訪問した。 2021年ファムミンチン首相は最初に会った外国の指導者です。 ベトナムを離れた後、彼はタイに来ました。 今回の日本の首相の使命は、2月にASEAN議長国がカンボジアを訪問した後、今年で2回目の東南アジア訪問です。 昨年3月。 東南アジアの重要性を反映

今年、ASEAN諸国は2つの主要なイベントを同時に開催しています。 11月15〜16日、インドネシアはバリでG20サミットを主催し、続いて11月18〜19日にタイが主催したアジア太平洋経済協力(APEC)首脳会議が開催されました。

興味深いのは、両方のアリーナが対立する超大国の本拠地であるということです。 いくつか例を挙げると、ロシアと米国には、ヨーロッパとアジア太平洋の同盟国が参加しています。 このイベント、APECのホストとしてのタイは大きな問題と見なされています。 もともと私はこの問題をCOVID後の再会として見ていました。 ロシアがウクライナを侵略して悪化させた要因が1つあることが判明した。 11月までは定かではないと言えます。 タイは常に準備する必要があります。

もちろん、二国間であろうと多国間であろうと、政治交渉はどちらも国益を優先事項としている。 しかし、私たちの時代には、優れた地球市民権は密接に関係している必要があります。 経済的側面と地政学的紛争の両方の変化する世界情勢において、ゲスト訪問は、政府が大きなイベントを主催する前に困難な問題について頭を悩ます良い機会となるはずです。 正当に認可された外交政策の実施と同時に国民経済が生き残るように指示する方法これは首相の能力のもう一つの尺度です。

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です