スポーツニュース:2022年6月18日

2022年6月18日土曜日午前6時


「ファンニン」はITFロープの1つをノックダウンします

2022年のITFワールドテニスツアー国際プロテニストーナメントは、「タイ-ITFテニスツアー」の世界ランキングで3回目のポイントを獲得し(男性-女性プログラム)、アイテムあたり合計$ 15,000、約494,550バーツ(合計30,000 USテニススタジアムでのドル、または約989,100バーツ)。 2022年6月17日のチェンライ州行政機構は、女子シングルスのカテゴリーで、タイ出身の19歳のテニスプレーヤー「Nat」Pannin Kovapitakthetが、現在のPanninプログラムのお気に入りの1つを披露しています。 世界で7番目の数字であり、準々決勝または最後の8つを、26歳の中国人ストライカーである劉方舟と対戦します。世界で447番、プログラムで1番です。パンニンのようです。独自の基準に従ってプレイしようとしています。 彼が2-0で勝つことができるまで、セット6-2と6-3、3セットの試合で1時間12分かかった後、「イブ」パッチャリンチーチチャンデットを2-1セットで7-6(9)に勝ちました。男子シングルス部門「ザック」スクサムラン陸軍基地の5-7と6-3タイ代表テニスチーム、第31回東南アジア競技大会金メダリスト、予選ラウンドからの世界1,992ハンド、「ネット」ポルファムコバピタクテス、1,482世界の手、ベースがセットに勝つ前に楽しんで2-0 7-(右足首の負傷)女子シングルスの他の準々決勝の結果では、佐藤奈穂(第5シード)がアナスタシア・スコティナを破った。 (インサイダー4-ロシア)6-1、3-1ret。 (太ももの筋肉痛)Sun Fang Ying(2-Leg China)がMishika Oseki(6-Insider)をシングルマンで6-3、6-4で破った準々決勝で、Thanaphet ChantaはSunFajing(中国)で敗れた4 -6、1-6、Pu Yunchaukete(4歳未満)がRubin Statam(7シード-ニュージーランド)を6-4、6-4で下した

世界のフロアボールゲーム

「ビッグナット」タイホッケー協会会長のエカチャイパック・シリワット氏は、タイが世界男子フロアボール選手権に参加するためにチームを派遣したという事実からこれを明らかにしました。 過去5か月でフィンランドで。 そして、タイのナショナルフロアボールチームは、アジア-オセアニアゾーンでナンバーワンのチームとしてフィニッシュすることができます。
フィリピンチームを勝ち取り、アラバマ州バーミンガムで開催される世界大会に参加する権利を有する米国は、他の7か国とともに、スウェーデン、フィンランド、チェコ共和国を含む5か国の欧州側の代表です。スイスとラトビア。 Chaiyaphak Siriwat Young氏によると、南北アメリカゾーンには、米国とカナダの2か国があります。 さらに、世界フロアボール連盟によって、4チームの各ラインに抽選が行われました。 ラインAタイはスウェーデン、スイス、ラトビアと提携しているようです。プールBの場合、フィンランド、チェコ共和国、カナダ、米国がグループ分類に参加し、プールAの1位がプールBで1位、2位を争います。 .Aは2位と3-4で競い合い、ラインBと3ラインAは3ラインBと出会い、4ラインAは4ラインBと出会います。これは、タイがAラインに入っていたためと思われます。確実にこのトーナメントの最下位に戻ることを期待せずにランク7を終了するチャンスを与えてくれます



Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。