ソニーとホンダは、2025年までに電気自動車を販売できるようにするために、新会社「ソニーホンダモビリティ」を設立します。

日本の巨人であるソニーとホンダの2社は、電気自動車専用の新会社ソニーホンダモビリティ株式会社を設立するためのパートナーシップを発表し、新会社初の電気自動車を発表しました。 2025年までまたは3年以内に商品化の準備が整います。

ソニーとホンダは、新会社ソニーホンダモビリティの50%の株式を共同で所有し、ホンダの水野康英が社長兼最高執行責任者、ソニーの川西泉が社長兼最高執行責任者を務めます。

パートナーシップの下で、ソニーはセンサー技術、通信、ネットワーキング、エンターテインメントシステムをサポートし、ホンダはドライブトレイン開発のエキスパートです。 自動車生産技術の準備と環境技術、安全性、アフターサービスの経験。

ホンダは競合他社よりも遅れて電気自動車の生産を開始している。現在、ホンダEの全電気バージョンは1つしかない。しかし、ホンダは2040年までに電気自動車と燃料電池車に切り替える予定である。 2030年までに30台の新しい電気自動車を発売することを目標

ソニーは以前に2つの電気プロトタイプを発表しました: Vision-Sビジョン-S02 スマートテクノロジーに焦点を当てたこれらのテクノロジーは、将来のソニーホンダモビリティ電気自動車に適用されることが期待されています。

ソース – Engadget

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。