ソニーは、ヨーロッパとアジアが米国と日本よりも多くのプラチナ トロフィーを保持していることを明らかにしました。

開発者会議 CEDEC 2022 の一環としてゲーム日本での最近のイベントで、ソニーの東京支社の技術開発部門の責任者である秋山賢城氏は、米国、ヨーロッパ、日本、およびアジアにおける PlayStation 4 および PlayStation 5 ゲーマーの行動に関する興味深い洞察を共有しました。

秋山氏は、日本のプレイヤーはトロフィーを獲得するための全体的な成功率が高い傾向があると述べています.ゲーム 彼らが遊ぶのが好きであることを示します。ゲームゲームに移る前に、すべてのトロフィーを集めてください。ゲーム

しかし、秋山は、すべてのゲームでほとんどのプラチナトロフィーがヨーロッパとアジアのプレーヤーによって保持されていることを発見しました. 日本を除く彼らは、アメリカの選手よりも、さまざまなゲームのトロフィーを集めるのが好きです。

秋山はアジアの選手をとても尊敬している。 彼らはどんなに困難な試練でも決してあきらめません。

秋山氏は、昨年リリースされたすべてのゲームを地域別のトップ 100 に入れ、地域別のトロフィー コレクションの実績をグラフ化しています。 どうやら1試合でトロフィーを集めたのは日本人選手のほうが先だったようです。

秋山はまた、主にプラチナトロフィーに焦点を当てた別のチャートを作成しました. ヨーロッパとアジアは、プラチナ トロフィーを集めるためのリストのトップになります。 これは、ゲームを 100% 完了するという彼らの意図の尺度です。

秋山氏は別として、日本のほとんどのゲーマーは他の地域よりも無料でプレイできるゲームを好み、米国とヨーロッパは日本とアジアよりもマルチプレイヤー ゲームを好むことを明らかにしました。

現在、すべての地域で、ディスク形式ではなくデジタル ゲーム タイトルが重視されています。 しかし、日本のゲーマーは依然として物理的なゲームを購入することを楽しんでおり、米国では物理的なゲームを購入することははるかに少ない.

Nakao Momoe

「フリーランスのベーコン愛好家。音楽愛好家。起業家。ワナビーアルコールオタク。学生。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。