ソニーは、走行距離を70%短縮する「自動運転センサー」の開発を計画しています。

日本初のテクノロジー企業「ソニー」は、消費電力を70%以上削減し、自動運転システムのエネルギー消費量を削減する新しい「自動運転センサー」の開発を計画しています。 電気自動車の走行距離を伸ばすことができます

今日の自己完結型ドライブは、数千のマイクロ波に相当する電力を使用します。 これは、電気自動車の走行距離の開発を妨げます。

ソニーセミコンダクタソリューションズ製のセンサーには、電気自動車のエネルギー消費量を70%以上削減することを目的とした、SOMPOホールディングスが支援するTierVスタートアップが開発した新しいソフトウェアが付属します。 完全自動運転車。 特定の規制の下で

同社は、外部グリッドに送信するのではなく、AIとセンサーソフトウェアを介して電力を最大化することにより、エッジコンピューティングを通じて電力消費を削減することを計画しています。 これにより、通信の遅延も停止します。

そしてソニーは、画像認識とレーダー技術をこの新しいセンサーに統合します。 自動運転を容易にするために包括的な情報を使用します。 雨やその他の過酷な条件でも

このプロジェクトは、日本の新エネルギー・産業技術総合開発機構が監修します。

自動運転車は世界中に広がり始めています。 Alphabetの子会社であるWaymoが営業を開始しました。 米国アリゾナ州での2018年の「無人タクシー」。 2年後に自動運転車を発売しました。

しかし、エネルギーを節約する方法の研究は非常に遅いです。 そして、多くの自動車メーカーはバッテリーの数を増やすことを選択しています。 自動運転システムの需要を満たすために

参照:


追跡チャネル 標準的な富


ツイッター: twitter.com/standard_wealth
インスタグラム: instagram.com/thestandardwealth
公式ライン: https://lin.ee/xfPbXUP

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。