ソニーは、4,000バーツの価格で、暑い時期にいつでも使えるポータブルエアコンを日本で最も革新的なアイデアにしています。

日本は最も革新的なイノベーションを持っているに違いないと言われています。 良いアイデア。 いつも会いに来てください。 最近、日本の大手テクノロジー企業であるソニーが、ポータブルエアコンのようなクールな製品をリリースしたばかりです。 レオンポケット3 平均気温を上昇させる地球温暖化の状況で

ReonPocket3は冷却装置です。 フレッシュジェルパッチのように肩甲骨に貼って使用できます。 しかし、温度はスマートフォンのアプリを介して制御することができます。 このデバイスは、モバイルエアコンであるだけでなく、ポータブルヒーターとしても機能します。

Reon Pocket 3の価格は14,850円(約4,000バーツ)で、現在日本国内でのみ販売されています。

製品の使用方法を知るためにユーザーは、クーラー用のコンパートメントを備えた特別な下着を着用する必要があります。 ただし、このブランドは、ReonPocket3用に別のポケットが付いた白いビジネスシャツを販売しています。

クーラーに取り付けるためのネックストラップも2つあるので、ユーザーは服装の選択肢をブランド限定のシャツに限定する必要はありません。

ソニーは、製品は冷却モードで8〜61時間、加熱モードで27〜54時間持続できると述べています。 USB-C充電ケーブルで毎回充電するのに100分かかります。

ソース – soranews24ソニー (1)(2)、 PRタイムズ

FacebookページでBrandInsideニュースをフォローしてください。

BasRachotSanit-ブランドインサイドのジャーナリスト兼ライター| 仕事の未来、労働者の権利、環境、グローバルな政治、資本主義、人権に関心がある

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。