ソフトバンクが史上最大の損失を出した後、3大銀行の信用限度額を引き下げる

Bloomberg Newsは、日本の大手ソフトバンクグループ株式会社が報じた。 みずほフィナンシャルグループの銀行融資枠を4.5%減の81.2億円(63.8億ドル)に引き下げた。 モーガンは637億ドルに、ゴールドマンサックスの融資枠は3640億ドルに減少しました。 同社が第1四半期(1月〜3月)に1.46兆円を失った後、過去最高を記録した。

今年第1四半期のソフトバンクの損失の主な要因は、今年の第1四半期に世界の株式市場が急落した後、ソフトバンクが管理するビジョンファンドが3.73兆円の損失を出したことによるものです。 特にテクノロジーセクターの株式。その結果、ソフトバンクが投資した関連会社を含め、関連会社は損失を被っている。

ソフトバンクの第1四半期決算は、孫正義最高経営責任者(CEO)と孫正義創設者が1億円で堅調に推移し、売上高が減少しました。

一方、最高財務責任者の後藤芳光(CFO)は、第1四半期の売上高が前年同期比39%減の2億9,300万円、宮内謙が最高執行責任者を務めた。 円安、前年同期比15%減。

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です