タイの若い女性は韓国に0-3で敗れ、アジアU18戦争チャンピオングループで2位に終わりました。

若いタイのチームは、0-3グループチャンピオンシップゲームでソムカオに敗れました。これは、U18アジアトーナメントでの日本戦の予選に出場するはずです。

2022年6月11日にナコンパトム県のナコンパトム市営スポーツセンターで開催された第14回アジア選手権、18歳未満の女子バレーボール大会は、グループAの4回目の試合です。チーム。

両チームはピッチで3試合を行い、3連勝して準決勝に進みました。 そして確かに2023年の女性の世界選手権の決勝戦へのチケットをクリンチしました。 しかし、このゲームの勝者はグループチャンピオンシップに勝ち、プレーオフを通じて中国に会うことになり、敗者はグループチャンピオンの2番目に日本に会うことになります。

「コーチ・トニー」アピラット・ンガマリット、ヘッドコーチカノクフォン・サントン、チームキャプテンのワリサラ・シタラートがカンチャナ・スリサイカエウ、故サシラック・モクメイ、プティモル・ンガムヌアン、パタワディーが計算し、速いサッカーをする。そしてSuwanneePetchkillsはフリーランスのレシーバーです。

このゲームでは、韓国がゲームを上手く支配し、第1セットを25-20で勝ち取りました。第2セットでは、高麗人参軍は依然として強力で、第3セットの前にさらに25-19で勝利し、韓国は完璧にプレーし続けました。 25-19ポイントでもう一度勝利し、合計3-0で勝利します。

試合結果のまとめ、韓国はタイに3-0で勝利25-20、25-19、25-19

タイ代表は第1ラウンドで合計4試合を行い、3勝3敗9ポイントで1敗、グループ2位、韓国は4試合連続優勝でグループチャンピオンシップを勝ち取った。 準決勝では、タイの女の子がコートに入り、2022年6月12日の午後7時にグループBチャンピオンの日本と対戦します。Facebook:AVC-アジアバレーボール連盟とYouTube:TVAチャンネルで生放送をフォローしてください。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。