タイへの外国投資は700億バーツ近くあり、日本はタイの投資のチャンピオンです。

2022年上半期(1月〜6月)に、284人の外国人がタイでの事業に投資することを許可され、事業許可申請チャネルを通じて106の外国投資に分割され、178人の外国人の事業証明書を申請し、総投資額は69,949百万バーツでした。 、3,164人のタイ人を雇用

商務副大臣のSinitLertkraiは、2021年の同時期(1月から6月)と比較して、20人の外国人がタイでビジネスを行うために投資することを許可されたことを明らかにしました。ケース)


しかし、投資額は29,628百万バーツ、つまり73.48%(65年目、資本金69,949百万バーツ、64年目、資本金40,321百万バーツ)増加し、2,073人のタイ人、つまり190%(65年目、3,164人を雇用、64年目)を雇用しました。 1,091人)

最も投資した上位3人の外国人は、日本71(25%)、投資26,237百万バーツ、シンガポール51(18%)、投資10,478百万バーツ、米国35(12%)、投資28億9,900万バーツでした。 バーツ総投資額39,614百万バーツ

2022年上半期に最も投資を行った企業の種類は、主に政府の投資促進政策を遵守している企業です。 のような国の対象産業に関連するビジネスをサポートします

  • このサービスは、乗客と商品の輸送にアプリケーションプラットフォームとWebサイトを使用します。 商品やサービスの注文を含む
  • 電気自動車の充電ステーションサービス
  • 自動車部品の製造における包括的な技術アドバイスなどのエンジニアリングおよび技術サービス。 システムの設計、開発、テストなどの支援。
  • タイ湾のコンセッションエリアでの石油掘削サービス

外国人投資家のCEEエリアへの投資に関しては、今年の最初の6か月間65(1月から6月)には55人の外国人投資家がCEEエリアへの投資に関心を持っていました。これは投資家総数の19%に相当します。 この6か月の間に、CEEゾーンへの投資は29,461百万バーツを超え、これは総投資額の42%に相当します。

日本から24人の投資家が184億8000万バーツ、シンガポールから6人が17億9200万バーツ、米国から4人が9億9600万バーツの投資を行っています。

次のような投資会社の場合:1。クラウド(クラウド)およびセンサーテクノロジー(センサーテクノロジー)を備えたデジタルテクノロジー(デジタルサービス)を使用した回転機械の検査および分析。 通信機器等の特注製造サービス


商務副大臣は、今年の残りの6か月間(7月から12月)、外国人投資家がタイでビジネスを続けると予想しています。 政府の投資促進策の結果として国の開放を促進し、投資家の利便性を高めることにより経済を刺激し、その結果、より多くの外国人投資家が国に投資するようになりました。 これは、より早い回復のためにタイ経済を強化するのに役立つ重要な要素です。

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。