タイ株は午前中に12.82ポイント下落し、サポートラインを1,580で破り、今夜の米国PCEに先んじてリスクを軽減するために売りました:InfoQuest

SETは今朝、12.82ポイント(-0.81%)下落して1,573.36ポイントで取引を終え、交換価値は約31,999百万バーツでした。 投資家が今夜米国で5月の個人消費支出(PCE)の価格を見るのを待つ間。 金曜日の夜のユーロ圏の消費者物価指数(CPI)。 午後のトレンドは横向きに振れ、1565-1570ポイントと1590ポイントのレジスタンスをサポートするはずです。

  • ポジション午前中は1,573.36ポイントで取引を終え、12.82ポイント(-0.81%)下落し、時価は31,999百万バーツでした。
  • 今朝の取引SET指数はサポートから1,580ポイント下落し、最高値は1,591.23、最低値は1,572.83に達しました。

Finansia SyrusSecuritiesの証券分析責任者であるWeerawatWirotphoka氏は、タイの株式市場は、アジアの株式市場と同様に、午前中に1,580のサポートレベルを下回ったと述べた。 特に、日本、韓国、台湾を含む東アジアグループは、かなり大きな営業力に直面しています。 投資家は今夜米国で5月の個人消費支出(PCE)価格指数が発表されるのを待ちたいからです。 減速時にはっきりと出てきれば、インデックスのリバウンドに役立ちます。 彼はまた、金曜日の夜にユーロ圏の消費者物価指数(CPI)の数値を待っています。

午後の投資動向Weerawatは、市場が範囲内で横ばいになると予想しています。 1565-1570ポイントでサポートを提供し、1590ポイントで抵抗を提供します。

時価が最も高い証券は5証券

  • KBANKの取引額は12億1,339万バーツで、151.00バーツで取引を終え、1.00バーツ増加しました。
  • CPALLの時価は1,074.17百万バーツで、終値は60.50バーツで、0.25バーツ下落しました。
  • 取引額WPH1,033.13百万バーツ、終値は4.32バーツ、0.02バーツ上昇。
  • PTTの取引額は95224万バーツで、終値は34.25バーツで、0.75バーツ下落しました。
  • BBLの取引額は8億5,992万バーツで、133.00バーツで取引を終え、0.50バーツ下落しました。

InfoQuest通信社(1965年6月30日)

タグ:タイ証券取引所、タイ証券取引所

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。