タナシリは日本の同盟アナブキと提携し、5兆バーツの3年間の収益目標を設定します

Suthirak氏の安定戦略 Thanasiri Group Public Company Limitedのマネージングディレクターは、数の利益成長の回復について語り、2021年には数年連続の損失の後に利益に戻ることができ、売上高は8億4300万バーツ、売上高は5億8100万バーツであると述べました。 。 その後、純利益7.5%バーツ、2022年から2024年までの持続的成長に戻りたい今年の売上目標は12億バーツ、売上高は10億バーツ、売上目標は28億バーツ、売上高は24億バーツ。今後3年間で2024年に。

65年の運用ガイドライン同社は、顧客である期間を通じて、質の高い生活の側面を強調します。 「生涯トータルリビングソリューション」という使命の下には、すべての利害関係者グループ、社会、環境が含まれます。 数値結果のバランスをとるために持続可能な開発目標を強化する影響を減らし、あらゆる面で環境を評価することにより、近隣の顧客や社会とともに成長する準備ができている

「私たちは、発売された新しいユニットの量や数に焦点を合わせていません。 しかし、お客様の生活の質に焦点を当て、生活の質の向上を専門とする「あなぶきこうざん」では、さまざまな分野でのサービスの開発を含みます。 是非、経験や知識を共有してください。 共同投資に加えて、あらゆる年齢の人々の生活をサポートするプロジェクトモデルを開発し、ライフスタイルに応じて柔軟に調整したり、あらゆる分野や機能で顧客の年齢を上げたりすることができます。」

CharanKesorn氏 COOは、一戸建て住宅、半戸建て住宅、タウンハウスを含む3つの新しいプロジェクトを今年開発する計画について言及しました。 総額23億バーツ以上の既存プロジェクト6件、総額12億バーツ以上の既存プロジェクト6件。

2022年の新しいプロジェクトの開発は、

1.「アナブキタナハビタットラチャプルエック」合弁事業、戸建住宅と半戸建住宅、30ライのエリアに167戸、価値1,070百万、平均販売価格640万、売り出し中T2 / 65

2.「ThanaBorommaratchachonnani-Pinklaoレジデンス、21ライのエリアに47ユニット、価値8億、平均販売価格1,700万、販売開始Q3 / 65

3.「タナビレッジ」、ツインハウス、115戸、面積19ライ、価値5億、平均販売価格430万、売り出し中Q4 / 65

合計6つの進行中のプロジェクトが販売されており、12億バーツに相当します。 今年の第1四半期に移管を待っている平均売上高54%、注文書3億5000万バーツの255ユニット、約50%はノンタブリー県5プロジェクトとウドンタニ県1のプロジェクトです。 、すなわち

1. Thanahbitat Groove Pinklao-Sirindhorn 23ライのエリアに125戸の戸建住宅プロジェクト、プロジェクト価値7億2000万バーツ、平均販売価格580万バーツ。

2.穴吹工務店、マハジェサダボディン-ラチャプルク橋L-穴吹工務店との合弁事業であるホームスタイルのツインハウスとタウンハウス。

3.タナハビタットピンクラオ-シリントーン4ベッドルームラグジュアリーデタッチハウス

4. Thana Cluster Ratchapruek、3階建てのタウンハウス、開始価格349万バーツ

5. Thana Cluster Westgate、3階建てのツインおよびタウンハウス、開始価格339万バーツ、および

6.シリビレッジウドンタニ-空港、1階建ておよび2階建ての一戸建て住宅、開始価格249万バーツ。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。