ツアー、旅行、日本、韓国、コロナウイルス後の激怒旅行前に情報を準備する

最新の状態に保つ>> コム・チャット オンライン

Covidのトレンドが明らかになった後、海外旅行は再び活気づき始めています。 日本、韓国を含む多くの国が観光客を受け入れ始めていますが、条件があります

アップデート開かれた国 受け取る 観光 とりわけトラベルタイの人々、2022年6月10日以来、政府 “日本” 観光客に開放タイは低リスク国のリストにある98カ国の1つである日本への外国人の旅行を許可します。 ただし、旅行代理店を通じてのみ日本に入国するための条件があります。 一緒に旅行するには、日本語を話す仲間が必要です

対策が緩和されているにも関わらず、入る前に準備が必要です。日本 観光日本に入国するには、ビザなどの重要な証明が必要です。 日本に入国する72時間前のCOVID検査証明書。海外旅行の健康保険に加入する必要があります。 しかし、制限を設定しませんでした

の緩和策に続いて日本 タイの外国人観光会社に何らかの形の旅行の提供を開始させるトラベル様々な日本人グループで旅行するか、家族や友人と一緒に旅行するかどうか既存のプログラムに従って選択するか、グループが望むように旅行の旅程を設計することができます。

タイ・エアアジアXなどの航空会社は、タイ・エアアジアXのCEOであるパティマ・ジーラファットが、6月中の7月1日からスワンナプーム-東京線の運航を再開すると述べた。 はるばる韓国すでに飛んでいる南とルート日本 タイ人にとって最初の人気のある国際ルートであるため、90%を超えています。

ツアーオペレーターがツアーの宣伝と販売を始めたとき。日本6月65日〜1月66日の期間の旅行では、航空会社と協力して東京、大阪、福島の2つのルートを利用します。パッケージ 5日3泊25,888バーツから、10月から11月の東京の紅葉のように、29,888バーツから、12月65日から1月66日の29,888バーツから東京の雪を見に行きます。

ただし、旅行に加えて 日本旅行 そして今、タイの人々はヨーロッパのルートで旅行し始めています。 海外への旅行が増えると、ビジネスツーリズム市場や航空会社がますます活発になります。パッケージバンコク-ロンドンルート、フルサービスフライト24,550バーツ、バンコク-シンガポール8,685バーツなどの最近の旅。

その間 韓国南はまた、2022年4月1日以来、観光客に国を開放し、観光タイを含む46カ国から入国可能韓国南はビザなしで保持する必要はありませんこれは出発から72時間以内にK-ETA(韓国電子旅行許可)システムを介して登録する必要があります。 10,000ウォンまたは約300バーツの手数料がかかります。書類が必要です。 国際的なcovid-19ワクチン接種証明書(ドクターレディアプリで入手可能)は、旅行から48時間以内にRT-PCRテストの結果が陰性であることを示さなければなりません。 以前に観光客を受け入れた国は、シンガポール、香港、マレーシア、ベトナムです。

関連ニュース

ロゴ

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。