ドンキがトンブリーの人々を幸せにするSeaconBangKhaeに新しい支店を開設

ドンキ(タイ) 新しいブランチを継続的に開発するドンドンドンキ支店開設継続 5 バンコクの最初の支店であるシーコンバンケーの支店は、正式にコンセプトを所有しています。リアルドンキ」はドンキを歩くような雰囲気を与えますホテルジャパンの魅力を伝え、伝えることで美食と文化を通して日本全国の幸せ»それは日本人を反映している和風のショッピング、たまり場、食事の目的地を強化するためのユニークなソリューション。 フルサービスの準備ができて町に旅行する必要なしにすべての家族に応答します今日の2階のモデル 1 シーコンバンケーモール

ドンキ(タイ)株式会社取締役会会長の島貫陽介氏は、次のように述べています。「ドン・ドン・ドンキにとって、シーコン・バンケ支店はビジネスコラボレーションです。T Donki(Thailand)Co.、Ltd. パートナーのSeaconBangkaeCo.、Ltd.支店であるTOAベンチャーホールディングカンパニーリミテッドとサハパタナインターホールディングパブリックカンパニーリミテッド 5 ドンキはタイにあり、最初にオープンした支店でしたバンコクの西部エリア

Seacon Bang Khaeは、最高のモールの1つと見なされています。忙しい家族のためにトンブリー地域で最高の1つ地域のサービスユーザーの数非常に快適で、実施計画に従った旅行を含むドンキの事業拡大したいタイダンジョン西側のお客様へThep

ドンキの評判をさらに発展させていきます。より多くのブランチを拡大するだけでなく、より人気があります 内部のブランチ 3 来年、古物商を作ることで簡単な日常業務すべての人のための和風コンセプトで飾られたシーコンバンケ支部の家族リアルドンキ」 店内の雰囲気をシミュレートしますドン・キホーテのように日本は消費者に感じさせる買い物に出かけたり、日本人になりたい「」という概念で提示しようとしているパン日本全国の幸せ「ニーズに応えるために私たちが受け取りたいと思っている家族のさまざまな人々消費者からの良いフィードバックとの美しさを伝えることができます生活、食、文化を和風に。サービスをご利用いただけるお客様へエネルギーに満ちています。」

ドンキホーテ

総支配人タティヤ・ソソティクル氏 シーコンバンケカンパニーリミテッド シーコンバンケ百貨店の経営陣は、「シーコンバンケ百貨店は、トンブリー地域のドンドンドンキ支店を拡大するためのドンキタイランドとのパートナーシップ。 ドンキの製品とサービスは、製品のニーズを満たすことができます日本のメーカーからの品質を持っている顧客のグループであるBangKhaeでの消費購入価格はかなり高く、ライフスタイルがあります。購入のレベルを上げるのを助けることを含めてそれは非常にうまくいきます地元の人のための和風ショッピングより便利なだけでなく、ショップへのアクセスのためにユニークで本格的な日本人より簡単に画像をすべて1か所に。

ドンドンドンキ支店No. 5 SeaconBangKhae支店は 1 SeaconBangKhaeモールにはより多くの小売スペースがあります。 1,720 平方メートル、以上を提供 12,000 食品、生鮮食品(野菜や果物、新鮮な魚、肉、惣菜)、酒類、化粧品、雑貨、スポーツ用品、おもちゃ、雑貨など。 輸入品であるペット用品等。高品質の日本製。 だけでなく、利用可能な製品コンセプトだけのドンキ」リアルドンキ」 これは、仮想大気をシミュレートしますドン・キホーテ・ジャパンで展示と POP広告 顧客の楽しみのために支店全体に手描きさまざまな店舗の商品をユーザーフレンドリーな方法で

果物店などの主要エリアだけでなくふるふる スタイリッシュなフルーツコーナー ショップで買い物 輸入フルーツパイを提供日本産と焼きたてのフルーツサンドイッチとパン具材として人気の漬物・洞・ドンキポンド「きわみなま食パン」。メニュー付きタイで初めて 「サーモンバーガー」 サーモンの切り身をみじん切りにして味わう良い、それはフードゾーンで利用可能ですと呼ばれる魚からの多肉植物 「うおあはま食堂」 すぐに食べられるダイニングエリアを含む 「ニクダマシイ」 価値のない顧客にお願いします以前は日本料理を鑑賞することができました。元の味に浸り、 「キロヤ」 穴あき卵を中心としたすぐに食べられるランチエリア新鮮で美味しい春巻き、オムライスなど

シーコンバンケ支店初のドン・ドン・ドンキ「ラーメンセンター」も立ち上げられ、ファーストテイストのラーメンが選べます。日本から好きなように麺、スープ、様々なおかず。 両方の形式で利用可能です現場で、このニーズを満たすために持ち帰るトンブリーの消費者の多様性

ドンキホーテ

さらに、ドンキタイランドは常に製品の提示に取り組んでいます良質の日本人の事業計画に応じた手頃な価格で地元企業の海外支店A PPIH コンセプトを通して日本ブランド専門店» 日本から輸入した製品、製品、食品を紹介するまたは日本製の製品のブランド駄洒落は新しいコンセプトを作成する準備ができています。 「日本全国の幸せ」 または「日本から幸せを与えるみんな」の魅力を伝える日本料理と文化顧客に

品質のプレゼンテーションを通じて日本製品の大きな価値より多く、ロゴを含む折り畳まれた紙の形で新しい概念に沿って(折り紙)これは「生産-流通-消費者」サイクルを指し、単語を反映しています 「おりがみつき」 どこ 「」価値保証 の概念を示すことに加えて決意を持ったビジネスを通じて環境を保護することでアクティビティ CSR と欲望美味しい日本食をお届けしますFDAとすべての顧客の健康に良い心から

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。