バーツは36.77バーツで始まり、トレンドは引き続き下落しました。 金価格の下落後

アユタヤ銀行財務マネージャー 今朝のバーツは36.77バーツ/ドルで市場を開いたことが明らかになり、夕方の終値から36.68バーツ/ドルで下落しました。バーツは昨夜からさらに下落しています。 それは16年間まだ最も弱く、今日でも下降傾向にあります。 昨夜、金の価格が1オンスあたり1,700ドルに下がったためです。 したがって、今日はドルを買う流れがあり、バーツが下落することが予想されます。

注目すべきもう1つの要素は、欧州中央銀行(ECB)の会合であり、市場はこのラウンドで金利が0.50%上昇すると予想しています。

ヨーロッパで進行中のエネルギー状況に関する懸念を含みます。 ロシアがメンテナンスのためにパイプラインを閉鎖した後、ロシアが本日計画どおりにパイプラインを再開するかどうかを確認する必要があります。

「今日、私たちは2つの重要な中央銀行会議、日本銀行と欧州中央銀行に従わなければなりません。日本銀行はまだ政策を変更していません。しかし、欧州中央銀行市場は金利が0.50%上昇すると予想しています。 。 財務マネージャーは言った

財務マネージャーは、バーツが36.60〜36.85バーツ/ドルの範囲で動くと予想しています。

THAI BAHT FIX 3M(7月20日)は0.66084%で、THAI BAHT FIX 6Mは0.85773%です。

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です