パナソニックが米国のテスラにサービスを提供するために40億ドルのEVバッテリー工場を建設する

日経アジアは2022年7月14日、パナソニックエナジーの子会社であるパナソニックホールディングスがカンザス州の2番目の米国電気自動車バッテリー工場に40億ドルを投資すると発表したと報告しました。 最大4,000人の従業員を雇用し、テスラに新しい大容量バッテリーを供給することが期待されています。

この決定は、テスラが急速な需要を満たすために4月にテキサスに2番目の電気自動車工場を開設した後に行われました。 パナソニックを含むこの動きは、中国、韓国、ヨーロッパの競争相手が追加生産への投資を増やしていることから来ています。

日本企業は、さまざまな要因に基づいて新工場の場所を選択しました。 パナソニックは、テキサス州に近接し、税務上の慣行があることから、2028年度までに電気自動車のバッテリー容量を現在の年間約50GWhから3倍または4倍にすることを目指しています。 和歌山県立電池組立工場に2つの生産ラインを設置する予定です。 2023年度に日本で新大容量4680モデルの生産を開始しました。 投資額は約800億円、約5億8000万ドルと見込まれています。

パナソニックは、和歌山工場での生産の収益性を見て、新たな製造工場の建設を検討すると述べた。

製造需要の増加は、日本のエレクトロニクス部門の主な収入源であるテスラによるものです。 米国に新工場を建設する決定の要因となるはずです。 この新技術におけるパナソニックの進歩に伴い、5月にプロトタイプの出荷が開始されました。

ラーム・エマニュエル駐日米国大使は木曜日の朝に声明を発表した。 彼はそれを日米の経済的および技術的リーダーシップにおける「新しいマイルストーン」と呼んでいます。 「日米が協力し、投資し、共に構築するとき、私たちが一緒に達成できないことは何もありません。パナソニックエナジーは、素晴らしい状態で次世代の電気自動車のために世界最大のバッテリー生産拠点の1つを建設する計画です。 。アメリカ経済の強さとアメリカの労働力の質に対するカンザスの信頼の投票。」

ネバダ州にあるパナソニック初のギガファクトリー1は、テスラと共同で運営されており、約2,000億円の投資を行っています。 大量生産ができない欠陥率が高いため、2021年3月期に黒字化を始めたばかりです。

テスラの売上高は引き続き増加しました。 昨年の年間車両配送量は936,000台と推定されました。 パナソニックからの調達に加えて、自動車メーカーは4680年までに内部バッテリーの需要の増加と外部からの購入に対応することを計画しています。

電気自動車のバッテリー市場での激しい競争の中で、韓国の企業であるLG EnergySolutionとGeneralMotorsは、ミシガン州に新しいバッテリー工場を建設するために今年26億ドルを費やす計画を発表しました。

参照:https://asia.nikkei.com/Business/Automobiles/Panasonic-to-build-4bn-EV-battery-plant-for-Tesla-in-US

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。