ビューティーは下半期の売上高でビジネスが成長し、徐々にオープンカントリーに回復すると見ている-Hoonsmart

HoonSmart.com >>「BeautyCommunity」は、65年後半のビジネスの方向性を評価し、上半期よりも成長しています。 国が開放された後、国内および海外の売上高は徐々に回復しました。 BEAUTY BUFFETブランチを継続的に改善し、製品モデルを調整して全国のマスマーケットに配布します。 新しいビジネスチャネル、新しいビジネスモデルの追加、最初のブティックライセンスの開設の準備、およびEVEANDBOYパートナーストアでの3〜4のGINOMcCRAY化粧品店に焦点を当てます。

ビューティーコミュニティ(BEAUTY)のPeerapong Kitivechpokawatゼネラルマネージャーは、下半期のビジネスの方向性が上半期よりも良くなると予想されることを明らかにしました。 国内外での売上回復を見込んでいます。 国内市場での商品形態や新たな流通チャネルのビジネスモデルの変革ReModel戦略から売上を回復し、BEAUTYBUFFETストアの主な流通チャネルを拡大。 BEAUTY BUFFETは、製品、アドバイス、包括的な美容の推奨事項の点でモダンでプロフェッショナルになるために、大幅なブランド変更を経て、全国のより多くの地域のマスマーケットに配布されました。 好評を博し、幅広いお客様にご利用いただいた結果、調整後3店舗の売上が大幅に増加しました。

下半期には、さまざまな地域に16のBEAUTY BUFFET支店を追加するなど、流通チャネルを改善し、SoiAreeSamphanで最初の独立型店舗としてShopLicenseモデルをオープンする予定です。 また、少なくとも5店舗のライセンス代理店を設立し、EVEANDBOYパートナーストアに合計3〜4か所に3〜4のGINO McCRAYブランド化粧品店を開設し、2022年7月にGINOMcCRAY製品のブランド大使を立ち上げる準備をする予定です。

海外市場チャネルの売上高は、中国での封鎖により第2四半期に減速しました。 同社の主要な輸出市場であるが、6月から受注が戻ってきた。 下半期を見込んで国の開放により売上高は徐々に回復しました。 商品の通常の輸送を可能にする

現在、同社は10カ国(中国、インドネシア、カンボジア、ミャンマー、ラオス、マレーシア、ブルネイ、フィリピン、インド、日本)で製品を販売しており、各国のさまざまな地域での流通に重点を置いています。 一方、ビューティーの主な市場である中国での製品ライセンス販売モデルは、現在、スキンケアとメイクアップの両方の製品を提供しています。 昨年末からエージェントが持ってきて配布するアイテムは27個、18個あり、継続的に商品ライセンスアイテムを増やす予定です。

BEAUTYは、収益性の向上にも注力しています。 経費を有利に管理しながら管理コストを着実に削減これまでも、ほぼすべてのビジネスモデルを立ち上げる必要がありました。 マーケティングコストの増加

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。