ベトナムは企業の反対にもかかわらず最低賃金を6%引き上げる

ベトナムは最低賃金を準備します

ベトナムは準備します最低賃金は来年7月に全国平均6%です。 日曜日以降、副首相のファム・ミンビンが全国賃金評議会協定に署名しました。これは、政府部門、労働者代表、雇用主代表の間の共同協定です。

上昇の主な理由は、ベトナムがCOVID-19のパンデミックのために、2年半近く最低賃金を引き上げていないことであると日経アジア通信社も報じた。

事業部門はそれに反対しました。

それにもかかわらず この上昇は、企業部門からの反対が高まる中で起こった。 ロシア・ウクライナ戦争がエネルギー価格の上昇を引き起こし、インフレがASEANの製造ハブであるベトナムに影響を及ぼし続けているためです。 5月までに、ベトナムのインフレ率は前年比2.86%上昇しました。

今日、ベトナム政府は繊維産業の代表者からの報復に直面しています。 エレクトロニクス産業から日本商工会議所などの外国企業の代表者まで。

この方針は外国人投資家によって注意深く監視されます。 正直なところ、多くの企業が生産拠点を中国からベトナムに移した理由の一つは、賃金の問題です。 そして何よりも、現在、ベトナムの輸出の約70%は外国企業からのものです。

ソース – 日経アジア

FacebookページでBrandInsideニュースをフォローしてください。

BasRachotSanit-ブランドインサイドのジャーナリスト兼ライター| 仕事の未来、労働者の権利、環境、グローバルな政治、資本主義、人権に関心がある

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です