ミャンマーの裁判所は、反軍事的抗議活動を扇動したとして、日本人教育長に懲役10年を言い渡した



AFP – ミャンマー軍政府のスポークスマンは、反クーデターの抗議を撮影中に2ヶ月以上拘留された後、裁判所は日本の映画製作者に懲役10年の判決を言い渡した.

昨年のクーデター以降、軍は報道の自由を厳しく取り締まっている。 国が混乱している間に、ジャーナリストや写真家を逮捕し、放送免許を取り消す。

26 歳の久保田亨は、ヤンゴンの反軍事デモの近くで逮捕された。 7月 ビルマ人2名と

彼は、国家の安全を危険にさらす情報の公開を要求する法律に違反したとして、7 年の懲役を言い渡されました。 平和と静けさは犯罪です。 軍政府のスポークスマンは声明で述べた。

彼はまた、軍に反対する反体制派を支援したかどで、3 年の懲役刑を言い渡された。 告発は抑圧に広く使われています。

在ミャンマー日本大使館の外交官によると、久保田容疑者は移民法違反で起訴されており、次の公判は10月12日に予定されている。

日本の外務省は、領事支援を提供したと主張している。 ビルマ当局に対し、久保田氏の早期釈放を要求するよう訴え続ける。

日本人監督は7月にミャンマーに到着した。 久保田の友人である新田義隆によると、ビルマの人々についてのドキュメンタリーを撮影する

FilmFreeway のウェブサイトに掲載された情報によると、クボカはミャンマーのロヒンギャ イスラム教徒少数派、難民、ミャンマーの民族問題に関するドキュメンタリーを制作しています。

日本はビルマへの最大の援助国であり、同国の軍隊とは長年のつながりがあります。

クーデター後、東京はさらなる援助を一時停止すると発表した。 しかし、彼は軍と警察の司令官に制裁を課しませんでした。

ヒューマン・ライツ・ウォッチのフィル・ロバートソンは、「クボタの投獄は、東京にとっては平手打ちだ。

「日本がゲームをやめる時が来た。 そして、軍事政権の収入源を圧迫する真の国際制裁を支持するようになります」とロバートソンは言いました。

9月、日本の防衛省は、軍事政権による4人の政治犯の処刑をめぐって、来年から始まるミャンマー軍のメンバーのための訓練プログラムを終了すると発表した。

禁欲を求める国際的な呼びかけの中で、7 月に軍政下で 4 人が処刑されたのは、ビルマで数十年ぶりに死刑が執行された事例である。 し、国際的な不満を引き起こした。

久保田氏は、アメリカ人のネイサン・マウンとダニー・フェンスター、ポーランド人のロバート・ボシエカ、日本人の北澄由紀に続いて、ビルマで拘束された5人目の外国人ジャーナリストである。

5月に逮捕されたフェンスター。 2021年、国を離れようとすることにより、彼は不法な交際のためにインセイン刑務所で密室で裁判に直面する. 軍隊に反対し、ビザ法に違反する扇動

彼は、恩赦と強制送還される前に、11 年の懲役を言い渡されました。

2022 年 3 月現在、全国で 48 人のジャーナリストが拘留されている。 報告ASEAN観測所グループによると

その後、反体制派に対する軍の弾圧により、アウン サン スー チー政権は崩壊しました。 2,300 人以上の民間人が死亡した。

軍事政権は、約 3,900 人の民間人が死亡したのは反クーデターのせいだとしている。

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です