リザーブ「日本」はプレーオフラウンドでプレーするために「タイ」を送るために4つのボールを繰り返し送ります。 2023女子ワールドカップのチケットを獲得する

2022年1月30日(日)、16ラウンドのアジア女子サッカー選手権、タイ代表はグループBで3位にランクインし、このリストのダブルチャンピオンである日本代表であるグループCのチャンピオンに会う軌道に乗った。

前半、タイ代表は最初の15分でペナルティを失ったが、岩部マナがワラポーン・ブーンシングを救うためにシュートを放ち、0-0となった。 しかし、日本はなんとか菅優香のタイ代表とのゴールを決めた。 澤は27分前半のストップタイムで、45分+2で宮澤ひなたからゴールを1つ追加し、タイを0-2で下して前半を終えた。

後半、日本は「チャバケオ」軍に侵攻を続け、48分に隅田凜、65分に菅沢優香のペナルティ、75分に雪力子、80分に坂澤優香、そしてユカからさらに5ゴールを奪う。菅沢83分

タイ代表チームの試合は終了しました。 日本代表が0-6で敗れ、日本はすでに2023ワールドカップのチケットを獲得しています。タイ代表チームは、2022年2月2日に行われるプレーオフラウンドに出場する必要があります。

11アライメント

日本チーム:山下杏也加(ゴールキーパー)、清水理沙、南萌華、熊谷紗希、宮川麻都、隅田凜、結衣。 長野風花、長野風花、宮澤ひなた、南中、岩渕真奈

タイ代表:ワラポーン・ブーンシング(ゴールキーパー)、カンチャナフォン・センクン、ポルンピルン・ピラワン、アモーンラット・ウッチャイ、ピサイ・ソンサイ、シラワン・インタミー、オラピン・ウェンガーン、ウィライポーン・ブトゥエン、イラワジ・マクリス、サオワラック・ペンガム、スチャワディー・ニルタロン

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。