ロシアでの事業を停止した日本企業は3%未満です。 G7グループでは少ない

米国のイェール大学(イェール大学マネジメントスクール)は、ロシアでの事業活動の停止について、世界中の1,300の大企業の調査を開始します。 ウクライナ侵攻後、いくつかの国が制裁を導入し、日本企業の3%未満がロシアでの事業を停止したことが明らかになりました。 これは、7つの先進国の中で最小のG7です。

G7諸国の場合、ロシアからの撤退が最も多かったのは英国で、約48パーセントでした。

続いてカナダ、約33%。

そして米国、約29%。

イタリアは約5%減少しました。

帝国データバンクは、多くの日本企業がロシアを離れることに消極的であると分析している。 活動を終了する予定はありません多くの企業は活動を一時停止することを選択しており、将来的に活動を再開できることを望んでいます。 ロシアで事業を行っている日本企業168社のうち、6月19日にロシアでの活動を終了したのはわずか4社(2.4%)でした。

一方、日本企業74社(40%)は、出荷停止や受注など、生産・操業・取引を一時的に停止している。

..。

#日本

#G7

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です