ワールドカップの最終運命を強調し、日本は久保、三玉、南野にオーストラリアを攻撃するよう呼びかける

ワールドカップアジア2022予選、第3ラウンド(12チーム)、最後の2試合を行うためのキューを持つ日本の代表チーム。65年3月24日にオーストラリアを訪問し、3月29日にベトナムに会うために巣に戻ります。 65

グループBの状況は興味深いものです。サウジアラビアが19ポイント、2番目の日本が18ポイント、3番目のオーストラリアが15ポイントで、残り2試合でワールドカップ決勝のチケットを争っています。

森保一、日本代表コーチ27人のチームは、ヨーロッパリーグの年配の選手と新星の両方を含む将来のこの選手の義務を呼び出すこの重要な戦いのために呼び出されました。 組み合わせて強力なチームを構築します。

今回はヨーロッパリーグから18名、Jリーグから9名の選手がいます。

ゴールキーパー: 川島一(38歳-スターバーグ/フランス)、権田修一(33歳-清水エスパルス)、ダニエル・スミッツ(30歳)-サントルイドン/ベルギー)、谷ホセ(21歳湘南ベルメア)

ディフェンダー: 長友佑都(35歳-FC東京)、吉田麻也(33歳-サムドリア/イタリア)、酒井宏樹(31歳-浦和レッズ)、上田直道(27歳-ニメス/フランス)、佐々木翔(32歳-サンフレッチェ広島)、中山友太(25歳-サボルホランド/オランダ)、板倉滉(25歳-シャルケ04 /ドイツ)、谷口彰悟(30歳-川崎フロンターレ)、山根美希(28歳) -川崎フロンターレ)

ミッドフィールダー: 原口元気(30歳-ユニオンベルリン/ドイツ)、柴崎学(29歳-レガネス/スペイン)、南野匠(27歳-リバプール/イギリス)、遠藤ワタル(29歳-シュトゥットガルト/ドイツ)、純也伊藤(29歳-ゲント/ベルギー)、久保建英(20歳-マジョルカ/スペイン)、森田英正(26歳-サンタクララ/ポルトガル)、田中碧(23歳-デュッセルドルフ/ドイツ)、三松薫(24歳)年-Saint Gillus / Belgium)、Reo Hatate(24-Celtic / Scotland)

ヴァンガード: 大迫勇也(31歳-ヴィッセル神戸)、浅野拓磨(27歳-ボーフム/ドイツ)、上田綺世(23歳-鹿島アントラーズ)、前田大泉(24歳-セルティック/スコットランド)

ワールドカップの最終運命を強調し、日本は久保、三玉、南野にオーストラリアを攻撃するよう呼びかける

ニュースをフォローする別の方法
@Siamsportに友達を追加する
友達追加

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。