ワールドクラスの女子PGAバトルで対決する準備ができている8人のタイのスウィンガー

“Prochin” Atthaya Thitikul、 “Promeow” Papangkorn Thawatthanakij、 “Promo” Moriya Jutanugarn、 “Promea” Ariya Jutanugarn、 “Promyo” Pajaree Anannarukarn、 “Pro Jan” Wichanee Meechai、 “Pro Waen” Pornanong Petchlum、 “Projasmin” Suwメリーランドでの女子PGA選手権。 アメリカ合衆国2022年6月23日から26日の間に、賞金は450万ドルから900万ドル、つまり約3億600万バーツに倍増し、チャンピオンは最大135万ドル、つまり約45.9百万バーツを受け取ります。

これは、女性のゴルフの今年の3番目のメジャーです。 2022年6月23〜26日、メリーランド州ベセスダのブルーコースのコングレスカントリークラブで、72ホールの1ラウンドと72ホールのストロークプレーの4ラウンドで、合計156人のゴルファーとプレーしました。 36ホールの2ラウンドの後、最後の2日間は60カップと引き分けになり、最後のチャンピオンである世界2位のネリーコルダが彼女のタイトルを守るために戻ってきます。

今年は、世界トップ100がトーナメントに参加し、タイからの8人、すなわちProjeen Atthaya Thitikul、Promeow Papangkorn Thawattanit。、Promo Moriya Jutanugarn、Prome Ariya Jutanugarn、Promyo Pajareeを含む99人のプレーヤーが参加し、ゴルファーが最強の競争を繰り広げた年です。 Anannarukarn、Projan Wichanee Mechai、Prowaen Pranong Petchlum、ProjasminSuwannapuraもこのコンテストに参加しました

彼女のタイトルを守るために戻ってきた元チャンピオンのネリー・コルダを含む、世界で最高の女性ゴルファーの何人かもいます。 彼は3月上旬に左腕の血栓の治療をやめなければなりませんでした。 そして全米女子オープンに復帰し、先週のマイヤーLPGAクラシックで総合8位と2位でフィニッシュしました。 そして、チャンピオンの他の大きなグループもあります。 イ・ミリム、ユ・ソヨン、イ・チョンウン6、キム・アリム、パク・インと並んで、世界一の韓国のコ・ジンヨンが3度目のメジャー選手権を目指しているかどうかにかかわらず、大会に参加してください。 、3度のチャンピオン、2013年、2014年、2015年:キム・セヨン、パク・ソンヒョン、元プログラムチャンピオン、韓国のゴルファー、パク・キム・インギョンはそれ以来7回連続でメジャー選手権を失った。 アリムは2020年12月に全米女子オープンで優勝しました。

ワールドクラスの女子PGAバトルで対決する準備ができている8人のタイのスウィンガー

他国の主要なチャンピオンシップについて今年の大会の参加者は、スウェーデンのPerlinla Lindberg、日本のYuka Saso、米国のAngela Stanford、ドイツのSofia Popov、日本の渋野ひな子、イギリスのGeorgia Hall、HannahGreenです。オーストラリア、カナダのBrooke Henderson、スウェーデンのAnna Nordquist、米国のChristieKerr。

ニュースをフォローする別の方法
@Siamsportに友達を追加する
友達追加

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。