三菱重工業(MHI)は、アンモニアの使用の可能性を研究し始めました。

三菱重工業株式会社 (MHI)は、インドネシアの発電所の燃料としてのアンモニアの使用に関する実現可能性調査を開始しました。 エネルギーソリューションブランドの三菱パワーが支援しています。 この調査を実施するための2つの提案は、日本企業の高度な技術と専門知識を紹介および活用するために、日本の経済産業省(METI)によって承認されました。 世界中の新しいインフラストラクチャのニーズに対応し、グローバルな経済的および社会的発展に貢献します。 これは、アジアエネルギー転換イニシアチブ(AETI)を通じて家庭用エネルギー部門の炭素除去を支援する取り組みの一環です。[ โครงการริเริ่มด้านการเปลี่ยนผ่านทางพลังงานแห่งเอเชีย (AETI) ได้รับการประกาศโดยรัฐบาลญี่ปุ่นเมื่อเดือนพฤษภาคม 2564 และมีเป้าหมายเพื่อส่งเสริมความเป็นกลางทางคาร์บอนในเอเชียไปพร้อม ๆ กับการบรรลุความเติบโตทางเศรษฐกิจอย่างยั่งยืน]

2つの研究は、アンモニアを使用する可能性を検討しました。[ ไฮโดรเจนสีฟ้า ซึ่งไม่ส่งผลต่อปรากฏการณ์เรือนกระจกได้มาจากการแยกก๊าซธรรมชาติหรือวัสดุที่คล้ายคลึงกันออกเป็นไฮโดรเจน (H2) และคาร์บอนไดออกไซด์ (CO2) ไม่ว่าจะโดยการเปลี่ยนสภาพมีเทนด้วยไอน้ำ (SMR) หรือการเปลี่ยนสภาพด้วยไอน้ำกับออกซิเดชันบางส่วน (ATR) ซึ่งดักจับและจัดเก็บคาร์บอนไดออกไซด์ไว้แทนที่จะปล่อยสู่ชั้นบรรยากาศ เมื่อรวมเข้ากับไนโตรเจน (N2) จะทำให้เกิดแอมโมเนียสีฟ้า (NH3) ซึ่งไม่ส่งผลต่อปรากฏการณ์เรือนกระจกเช่นกัน และแอมโมเนียสีฟ้านี้จะนำไปใช้ในทั้งสองโครงการ] インドネシアのスララヤ石炭火力発電所と、国内で天然ガスを燃料として使用している現在の発電所で。 これはインドネシアで生産された大量の石油と天然ガスに由来します。 目的は、統合されたアンモニアバリューチェーンを作成することです。 生産、輸送、二酸化炭素の回収と貯蔵を含む燃料消費をカバーします

日本の経済産業省によって2つの提案が選ばれました。 高品質な海外エネルギーインフラの建設の実現可能性調査(日本企業による海外インフラ開発を促進するための調査プロジェクト)では、例えば、インドネシアのスララヤ発電所でのアンモニアベースの燃料の燃焼の可能性に関する調査。 包括的なバリューチェーン評価(プロジェクトSuralaya)を実施し、インドネシアの既存の天然ガス火力発電所をアップグレードする可能性を探ります。現在の天然ガス発電所でアンモニアベースの発電とバリューチェーン建設を開始します。 これらの2つの提案は、エネルギー生産によって生成されるCO2削減の可能性と、生産の影響を検証します。 世界とハイエンドユーティリティへの潜在的な影響とこれらの実現可能性調査の革新。 これは、日本政府に関連する政策にとって非常に重要です。

Suralayaプロジェクトの主な目的は、インドネシアで生産されたアンモニアを発電所に輸送し、それを発電用燃料として使用する将来の方法の経済効率を計算することです。 このプロジェクトは、三菱商事および日本工業株式会社と提携して実施されます。 2030年頃に操業を開始する予定です。

一方、天然ガスを燃料として使用する現在の発電所プロジェクトの目的は、インドネシアで生産されたアンモニアと水素を近くの天然ガス発電所に輸送してエネルギー生産を供給する経済効率を計算することです。 東京電力株式会社との提携により運営される事業。 (TEPSCO)、この10年の後半に開始する必要があります。

どちらのプロジェクトも、バリューチェーン全体で炭素排出量を削減する効果について監視され、同社は主にアンモニア発電技術イニシアチブの結果に焦点を当てています。 また、同社は、日本政府からの財政支援などの制度的支援策に基づくフィージビリティスタディも実施する予定である。 インドネシアの炭素除去努力と炭素価格。 これらのプロジェクトを実施することにより、三菱重工業は日本のエネルギーインフラ輸出の拡大に貢献したいと考えています。

インドネシアは、2025年までに23%、2035年までに28%の再生可能エネルギーを使用する方針を発表しました。三菱重工業と三菱パワーは、企業グループとして協力して取り組みます。 インドネシア政府が所有するエネルギーコングロマリットおよびバンドン工科大学(ITB)と提携して、国がその目標を達成するのに役立つソリューションをサポートします。

将来的には、日本の経済産業省の支援を受けて、三菱重工業と三菱パワーがインドネシアの温室効果ガス削減に貢献していきます。 プロジェクトを通じて、会社の正味ゼロ排出エネルギー移行ポリシーをグローバルに実装するための勢いを構築します。


Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。