今後3年間で、日本の65歳の5人に1人が認知症に苦しむでしょう!?

最後の更新:

こんにちは、今日、日本の高齢者が将来この病気にかかりやすいというニュースがあります。 去ることの狂気

日本人は完全に高齢化した社会に入っています。 そして私達もタイにいます。 老化の傾向について話すあなたが知る必要がある2つの言葉があります:最初は「平均余命」または平均寿命です。 平金寿明(平均余命) 人の誕生から死までの寿命を指します。 別の言葉は、日本語で「平均余命」または「平均余命」です。 ヘキニョメ(平均余命) たとえば、60歳での平均余命は、人が60歳になったときに、死ぬまで何年生きると予想するかを意味します。

日本の厚生労働省は毎年、さまざまな年齢の人々が1年以内に死亡する可能性を説明する「ライフカレンダー」レポートを発行しています。 そして、その年齢に達した後、人口が生きる平均年数。

2020年の最新の報告によると、日本人男性の平均寿命は81.64歳、女性の平均寿命は87.74歳で、前年の平均である0。22年と男性と女性の0。30年から増加しています。 60代の日本人男性と女性の平均寿命はそれぞれ24.21歳と29.46歳です。

年齢の価値を見ると、日本人の平均寿命は着実に伸びていることがわかりました。 1947年、日本人男性の平均寿命は男性で50。06年、女性で53。96年でした。

しかし、100歳まで生きる可能性はあるものの、高齢者には依然として「認知症」が懸念されています。 日本の保健省が期待されています 「2025年には、今後数年のうちに約700万人、つまり65歳の人口の5人に1人が認知症に苦しむことになります。 そして、今後5年間、つまり2030年には、65歳の人々がさらに100万人認知症に苦しむことになります。

認知症とは何ですか?

認知症 コミュニケーション、計算、決定を行う能力など、日常生活やクリック行動に影響を与える程度まで以前に損なわれた、または劣化した知識やスキルが存在する状態です。 ボタンダウンシャツアルツハイマー病は、患者とその愛する人の世話をする必要がある生活の質に影響を与える深刻な病気と見なされています。

しかし、認知症は物忘れとは異なります。 老化による忘却記憶は深みに残り、ヒントから記憶をよみがえらせることができます。 また、場所や周囲の状況を知ることができます

認知症は、認知症と呼ばれる脳内の神経細胞の喪失によって引き起こされる認知症など、さまざまな理由で発生する可能性があります。 アルツハイマー病(アルツハイマー病)は、日本人の認知症の67.6%、脳血管系の問題による認知症、脳内のレビー小体の蓄積による認知症などに見られます。

研究によると、アルツハイマー型認知症と血管の問題は、NCD(非感染性疾患)や、高血圧、糖尿病、高脂血症などの人や生活習慣によって引き起こされる病気に関連していることがわかっています。 運動は認知症を減らすのに役立ちます。

また、認知症を早期に発見し、適切な薬物治療を行うことで、脳の劣化を遅らせることができます。 現在、日本の製薬会社数社が欧米の製薬会社と研究を進めています。 一部の薬は保健省によって承認されており、現在患者が利用できます。 そして、まだ臨床試験中の多くがまだあります。 認知症を遅らせる薬の需要は、人口の高齢化に伴いますます厳しくなると考えられています。

そうは言っても、食事療法と運動は認知症を減らすのに役立ちます。 また、中年の人々の他の病気を予防することにも利点があります。 今では、自分の世話を始めるのに遅すぎることはありません。

の内容のまとめ 一吉トンブリ病院

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です