侍が4発突進! 日本はたった1ポイントでチャイナチェイスサウジを楽に打ち負かしました。

日本は簡単に中国を打ち負かすことはできませんでした。大迫勇也と伊東純也はすべてのトンを打ち、「侍」軍は15ポイントを獲得し、グループBで2位になり、グループBでポイントを残しました。’サウジアラビア。 1月27日のワールドカップ予選の第3ラウンドでは、1つだけですが、複数のゲームがあります。

埼玉スタジアムで行われたワールドカップ2022アジアゾーン予選第7戦グループBの試合は、日本が12ポイントでグループ2位、中国が5ポイントでグループ2位でした。

前半、試合は13分で、大迫勇也がミスせずにキルを担当する前に、日本はペナルティを獲得し、侍軍に中国での早い段階で1リード-0を与えました。

日本は依然として支配的なチームであり、明らかに優れており、25分に攻撃を続け、酒井宏樹がボールをアウトオブバウンズに導く前に、左コーナーからペースで2点目を獲得しました。

そして28分、大迫勇也がペナルティエリアにボールを集め、滑り込んでカットし、左から押すと、中国人の顔駿凌もボールを取り戻すことができる。

試合は38分、南野拓実がペナルティエリアに滑り込んだ後、左にロックしてフォーカスを押すと、大迫雄雄がかかとを釘付けにしたとき、日本が再び喜ぶまで進行した。 しかし、サポートラインをブロックするために、中国は後に終了しました

その後、ゴールはなくなり、前半は日本が中国を1-0でリードして終了。

日本のゲームの後半はまだかなり優れています。 61分に2-0となる前に、中山雄太が左サイドから伊東純也のペナルティエリアにクロスし、ボールをゴールに送り込むことに集中した。

その後、中国がゴールを決め、69分に卵を放ち、韋世豪がフリーキックを放ち、ボールをニアポストをかろうじて押した。

中国は82分にゴールを取り戻すことを期待して加速を始めた。日本の防衛線は無錫の銃を逃さずにボールをクリアし、右に走ったが、ボールはまだクロスバーの上を飛んでいた。

残りの時間、これ以上の目標はありません。 ゲームの終了。 日本は中国を2-0で下した。 15ポイントに合格。 グループBではまだ2位で、サウジアラビアが1ポイント差をつけていますが、複数のゲームをプレイしています。

両方のチームの選手のリスト

日本 :ゴンダスイチ-谷口翔子、酒井宏樹、板倉滉、長友佑都-守田英正、遠藤航-田中碧、南野拓実-大迫勇也

中国 :Yan Junling-Zheng Zheng、Chen Chao Wang、Zhang Linpeng、Thias Browning-Cheng Ji Su、Junmin Hau-Wu Lei、Xi Wu、Xin Su-Zhang Yuning

ニュースをフォローする別の方法
@Siamsportに友達を追加する
友達追加

ゲッティイメージズ

[ ไม่อนุญาตให้คัดลอกรูปภาพหรือนำไปเผยแพร่รูปภาพต่อไม่ว่าวิธีใดๆ ถ้าฝ่าฝืนมีความผิดตามกฎหมายที่ระบุไว้สูงสุด ]

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。