保健省事務次官情報デスク事務局

公衆衛生省の常務長官世界保健機関および国際機関からの専門家のパネルのレセプション第6回全国結核対策プログラムのレビューおよび結核を終わらせることを目的とした作業の議論と並行して、公衆衛生システムを強化し、結核患者へのサービスの質予防および管理プログラムの実施の進捗状況を評価します。5月29日から6月6日までのタイの結核

本日(2022年5月31日)、ノンタブリー州公衆衛生省事務次官のチャイナターン・レントン会議場事務所で、公衆衛生省事務次官のキアティプーム・ウォンラチット博士が世界保健機関と国際機関の専門家のパネルを主催しました。 、 によって導かれて 訪問と討論の間、Vineet Bhatia博士、Yamada Norio博士、Ron Wehrens博士、Deyer Gopinath博士、Dennis Falzon博士、Pierre-Yves Norvel博士、Sarabjit Chadha博士、IkushiOnozak博士。 .OpasKarnKawinpong疾病管理局長官DrApichartWachiraphan、副局長、疾病管理局Dr Phlin Kamolwat、結核部門長、および結核部門の上級スタッフとスタッフが参加しました。

Kiatpoom博士は、結核は世界および国際的なすべての国の公衆衛生システムに課題をもたらす伝染病であると述べました。 したがって、私たちは結核を終わらせるために協力します。 新しい結核の発生率を2030年には人口10万人あたり20人、2035年には人口10万人あたり10人に減らすという目標を達成する 世界保健機関とパートナー機関および国際機関各国は、結核プログラムを評価およびレビューして、障壁を監視、分析し、公衆衛生システムを強化するためにさまざまな分野での全国結核対策プログラムの実施の進捗状況をレビューおよび評価します。 結核患者のサービスの質を高める

タイの場合第6回全国結核プログラムは2022年5月29日から6月6日まで見直され、全国結核予防および管理プログラムの進捗状況が評価されます。 結核を終わらせるための運用ガイドラインと戦略的目標に向けて提案を行うだけでなく(結核の予防と管理活動のための政策提案を作成し、国の抗結核行動計画を作成するためのEND TB戦略)国連の持続可能な開発目標(SDGs)に沿ったものにする。 世界保健機関からの結核問題を終わらせるための目標

Kiatpoom博士は、今朝、結核部門の責任者であるPhlin Kamolwat博士が、世界保健機関および国際機関の専門家グループを率いて、国家保安局での結核行動計画のレビューを行ったと述べた。 胸部疾患研究所と社会保障局は、状況と運用結果を通知されます各部門の問題と障害これは問題のタイムリーな解決につながります。 結核を終わらせることを目的として
タイ全体

この点で、タイは全国結核対策プログラムを見直しました。 1995年に5回、世界保健機関と国際機関の専門家グループによって、1999年、2003年、2007年、2013年、そして2016年に再びミニレビューを行い、タイの全国結核プログラムをレビューする第6回国際モニタリングミッションが開催されました。世界保健機関の専門家パネルがあります。 また、世界保健機関(WHO)、WHO SEARO、RIT JDBC Japan、UNION、USAID、ハーバード大学医学部などの国際機関が、タイの全国結核対策プログラムの評価とレビューに参加しました。 レビューの結果の要約は、結核との闘いにおける潜在的な弱点、強み、および課題に取り組み、改善し、拡大するために、2022年6月6日にリリースされます。

**************************************2022年5月31日

************************************

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。