元日本財務省は、円が1ドルあたり130円を超えて下落した場合、タイ銀行が慎重になることは警告信号になるだろうと述べています-THE NORM

1990年代に何度か円介入政策を開始したことから「円氏」というペンネームで知られる元大蔵大臣の榊原英輔氏は、今日の急激な円安の状況についてコメントした。 円が130円から1ドルの範囲を超えるまで下落すると、日本銀行が警戒しなければならないことを示す警告信号になります。 そのようなレベルでの減価償却は問題になる可能性があるためです。

4月7日の円は123.77ドルで1米ドルでしたが、3月の円は対ドルで5%以上下落しました。

ほとんどのアナリストは、円安は日本の米連邦準備制度理事会との継続的な政治的行動の結果であると信じています。 また、流動性を吸い上げるために金融引き締めを始めた多くの国の中央銀行も、日本銀行は流動性を継続的に解放するという明確なシグナルを出しました。 国債の金利を低く抑えるように努める

日本銀行が引き続き緩和的な金融政策を採用することを選択したという理由で。 これは、日本経済があまり回復していないためです。 そして、流動性を取り戻すために金利が引き上げられた場合、政府債務はGDPの236%に上昇します。 これは景気回復に影響を及ぼします。 そして、それが財政問題になるまで、公共部門がより多くの利子負担を持つことに影響を与えるかもしれません。

「円安は米ドル高の反対です。 市場は現在、円が1米ドルあたり130円まで下落し続けると予想しています。その場合、または円がさらに下落した場合。 後で問題を引き起こす可能性がありますそしてそれは日本銀行に注意するよう警告するでしょう」と現在インド経済研究所の所長である榊原は言いました。

参照:


フォローするチャンネル 標準的な富


Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です