円は132.33円/ドルに下落した後、20年間で最も弱かった。

ブルームバーグニュースは、円が本日20年ぶりの安値まで下落したと報じた。 昨夜の米国財務省の10年物利回りが3%に上昇したため、2002年4月以来の最低値である132.33円/ドルまで下落した。

研究所Gaitame.comの常務取締役である神田拓也氏は、日本銀行(BOJ)は、金融引き締め政策を採用していない先進国で唯一の中央銀行であると述べた。 これは円安。 円安が予想されていたが、技術目標の135.15円/ドルまで下落する前に、132〜133円/ドルの水準に達し、日本政府が円に介入して問題をさらに解決できる可能性がある。

円安の主な要因は、日銀が現地の利回りを維持するために金利を維持しようとした結果です。 より強い米国通貨とは異なり衰退している国の経済を後押しすること。 米連邦準備制度理事会(FRB)が今年金利を引き上げ始めた後。 円も原油高の影響を直接受けました。

しかし、火曜日には、鈴木俊一大蔵大臣。 政府は円の状況を緊急に監視していると述べた。 この無秩序な動きは、今後の円にマイナスの影響を与えるでしょう。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。