出身地-ヘンケルが資生堂のアジア太平洋地域におけるプロのヘアケア事業の買収を完了

2022年7月4日月曜日午後6時27分

ヘンケルが資生堂のアジア太平洋地域におけるプロのヘアケア事業の買収を完了

ヘンケルは、東京に本社を置く資生堂株式会社からプロのヘアケア事業(ProfessionalHair)を買収することに成功しました。 この事業には、資生堂ブランドでライセンス供与されているサブリミックやプライムなどの主要なプロのヘアケアブランドが含まれます。 プロフェッショナル

ヘンケルと資生堂は緊密に連携し、事業をさらに発展させていきます。 資生堂は、日本の資生堂プロフェッショナルの株式の20%を保持します。 買収契約は2022年2月9日に調印されました。資生堂事業の買収により、プロのヘアケア部門の売上高は1億ユーロ(約36億8000万バーツ)を超え、約500人の従業員を雇用しています。

ヘンケルアジアのコンシューマーブランドビジネスグループのリージョナルプレジデントであるデビッドタンは、次のように述べています。 この買収により、私たちはこの地域のプロのヘアケアのリーダーの1人になります。 特に日本と中国では、マーケットリーダーとして特に確固たる地位を築いています。 同時に、ヘンケルは韓国市場にアクセスすることもできます。 また、タイのマーケットリーダーでもあります。

世界のヘアトレンドとヘアカラーを変える革新的な製品のエキスパートとしての成功資生堂プロフェッショナルビジネスの統合また、日本の美容市場の可能性と理解を向上させるのに役立ちます。 ヘンケルのヘアケア製品スカルプケア脱毛防止製品スタイリング製品とストレートヘアアイロンの両方

「2つの成功したプレミアムブランドの相乗効果により、魅力的なポートフォリオが作成されます。 そしてそれは専門知識、革新そして美の知識を結合します。 同じ屋根の下でエキサイティングな西洋とアジアの世界の間。 これにより、パートナーのサロンや美容院に伝えようとしている価値が大幅に強化されます」とDavid氏は述べています。

とりわけ、ヘンケルは東京に日本の美容イノベーションセンター(J-Beauty)を設立し、特にアジアの消費者向けの新しいイノベーションを開発および創出します。 この美容イノベーションセンターは、革新的な製品と最先端の成分の生産拠点となります。 資生堂プロフェッショナルとシュワルツコフのブランドのために

「私たちはイノベーションと力強い成長のためのプラットフォームを構築しています。 消費者に焦点を当ててアジアでプロのヘアケアビジネスを推進する従業員は企業の成功の重要な要素であるため、イノベーションと新製品をより早く市場に投入し、デジタルビジネスを追加します。 したがって、私たちは知識と能力を持つ人々の注意と動機付けに焦点を合わせます。 多様性と包摂の文化を促進する従業員のための起業家精神を創造するこれらの資質は、絶えず変化する世界に不可欠です。 資生堂チームを歓迎します。 プロフェッショナルヘンケルファミリーを温かく歓迎します」とDavidは言いました。

ヘンケルのプロのヘアケア事業は、世界中の多くのセグメントでマーケットリーダーであり、世界でトップ3の美容企業の1つです。 同社は多様な製品ポートフォリオを持っています。 ヘアケア製品、理髪、ヘアカラー製品を含むSchwarzkopf Professional、Bonacure、Egora Royal、Authentic Beauty Conceptsのブランドのプロの美容師にとって、このセグメントは10億ユーロ(約368億バーツ)以上の売上高を達成し、将来的にはヘンケルコンシューマービジネスグループの一部であり、ランドリー製品事業の合併から生まれた新しいマルチカテゴリープラットフォームです。 2023年初頭に発効するホームケアとビューティーケア事業グループ。

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。