勝利には2つのリバウンドがあります! 今日、日本はベトナムを攻撃しなければなりません!

2022年のワールドカップ予選、アジアゾーン第3ラウンド(12チーム)は、韓国、イラン、日本、サウジアラビアで構成されるカタールでのワールドカップに自動的に出場しました。 今日は残り1試合ですが(65年3月29日)

アジアの重要性を強調するこれは、AUAEグループ(9ポイント-1ゴール)、イラク(8ポイント-6ゴール)、レバノン(6ポイント-6ゴール)の3位を獲得する問題です。このグループの3位オーストラリアとのプレーオフを通過します。 3グループBとアジアのプレーオフチームは、5位の南米チームと対戦します。

2022年ワールドカップ予選スケジュール、アジアゾーン、グループA65年3月29日

午後6時30分イラン-レバノン

20.45UAE-韓国

午後8時45分シリア-イラク

グループAで3位を争うだけでなく、面白​​いです。 決勝に出場する4つのチームは、韓国、イラン、日本、サウジアラビアです。 決勝レースで勝利を集める必要があります。 プレーヤーのローテーションはあるかもしれませんが、この試合での勝利は、形式を決定するために国際サッカー連盟(FIFA)によって65年4月1日に引き分けられる2022ワールドカップ決勝の引き分けに大きな影響を及ぼします。引き分けの。 ワールドカップの抽選の前日、65年3月31日に発表されるFIFAランキングのポット。

アジアの状況では、日本は、アジアのナンバーワンイランを取り戻し、2022年のワールドカップアジア世界予選ラウンドの抽選、3月65日の最初の試合、日本での前に良いランキングを築くために、65試合の3月29日にベトナムに決定的な勝利を収める必要がありますオーストラリアを2-0で下し、イランが韓国を0-2で下し、ワールドカップ決勝イラン(21位)、日本(23位)、韓国(29位)に出場する4チームのFIFAランキングが発表される前の状況。サウジアラビア(53位)

ワールドカップ2022アジアゾーングループBの予選ラウンドのプログラム65年3月29日

午後5時35分日本-ベトナム
01.00サウジアラビア-オーストラリア
23.00オマーン-中国

ニュースをフォローする別の方法
@Siamsportに友達を追加する
友達追加

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です