南野ストライクノース! サウジアラビアが開幕戦を失ったため、日本は反撃しました。

南野拓実の見事なストライキは、開幕戦でグループリーダーのサウジアラビアに敗北をもたらしました。 「サムライ」軍に5試合連続で勝利する準備ができており、最大18ポイントを獲得し、サウジアラビアには1ポイントしか残されていません。 2月1日のワールドカップ予選の第3ラウンド、グループB

2022年ワールドカップ予選のアジアゾーンであるグループBマッチ8は、グループ2位の日本と19ポイントのグループリーダーであるサウジアラビアの間の埼玉スタジアムで行われます。

前半、試合は15分間続きましたが、試合はサウジアラビアのボールの所有率が高いことと均等に一致していました。 そして、まだスコアの終わりを一緒に勝つチャンスはありません、両方とも

27分後、サウジアラビアは要塞線の左側のコーナーから最初のゴールを終えることができます。 日本はペナルティエリアの前に左サイドでアルシャラニの大砲にボールをクリアします。 しかし、ボールはボックスと一致しません

日本は独自のゲームを開始し、32分がゴールに達するまで継続的に侵入することができ、伊東純也が右舷に落ちて右舷のペナルティエリアを開いたときから1-0でリードし、しばらくそれをつかみました。比類のない方法でダッシュしながら、それを左にロックします。

41分後、大迫勇也が伊東純也のチャンネルを突破し、ペナルティエリアに右サイドで押し込んだが、とにかくアル・オワイスを救ったとき、侍軍はほぼ2点目を獲得した。

残りの時間、2チームはそれ以上何もできませんでした。前半は日本がサウジアラビアを1-0でリードして終了しました。

後半はわずか5分。長友悠斗がペナルティエリア前の伊東純也にボールを入れて休憩した後、日本は2-0でボールを送る権利を持ってフルジョイントを押した。 遠くまで美しいポールで

その後、サウジはゴールを決めるチャンスがあり、68分にサウド・アブドゥルハミドがペナルティエリアを飛び越えて日本の守備ブロックを逸らし、レーンを変えたときに卵を打ったが、ゴンダスイチはそれでも追いつくことができた。

試合開始82分、浅野拓磨のゴール前右舷から酒井宏明が先制したが、クロスバーを越えてボールが飛んだ。

残りの時間、これ以上の目標はありません。 ゲーム終了日本はサウジアラビアを2-0で下し、5試合連続で勝利し、最大18ポイントを獲得し、サウジアラビアを退けましたが、残り1ポイントでした。

両方のチームの選手のリスト

日本 :ゴンダスイチ-谷口翔子、酒井宏樹、板倉滉、長友佑都-守田英正、遠藤航-田中碧、南野拓実-大迫勇也

サウジアラビア Al Owais-Al Shahrani、Al Bulayhi、Abdul Elah Al Amri、Al Ganam-Al Malki、Al Hassan-Sale M Al Dawsari、Mohamed Kanu、Fahad Al Muvallad-Firas Al Birakan

ニュースをフォローする別の方法
@Siamsportに友達を追加する
友達追加

ゲッティイメージズ

[ ไม่อนุญาตให้คัดลอกรูปภาพหรือนำไปเผยแพร่รูปภาพต่อไม่ว่าวิธีใดๆ ถ้าฝ่าฝืนมีความผิดตามกฎหมายที่ระบุไว้สูงสุด ]

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。