困惑! 日本は世界最大の略奪的な「深海魚」を発見し、2,000メートル以上の深さで水中で発見されています。



日本は昨年静岡県駿河湾で発見された深海魚の湘南を発表しました。これは深海2000メートル以上に生息する最大の深海魚です。

画像提供:Jamstec.go.jp。
深海魚「ナルセテス湘南」が静岡県駿河湾の日本海洋地球科学技術庁(JAMSTEC)によって発見され、2021年に新種として登録されたというメッセージが日本のFacebookページに掲載されました。 。

長さ約2.5メートルのクログチイワシは、2,091メートルの深さに取り付けられたカメラで撮影され、2,000メートル以上の深さに生息する世界最大の深海硬骨魚です。

画像提供:Jamstec.go.jp。
「クログチイワシ湘南」は優秀なハンターとして知られています。 これらは生態系の頂点にあり、追いかけるものが何もない動物です。 以前は駿河湾に生息すると考えられていましたが、今回は駿河湾の南400kmの海の真ん中の尾根にある源六山で発見されました。

画像提供:Jamstec.go.jp。
日本の海洋研究開発機構(JAMSTEC)は、次のように述べています。「各生態系の頂点捕食者は、地球環境の変化によって最も影響を受けます。 食物連鎖を破壊し、生態系全体に深刻な被害をもたらす可能性があります。 地球環境の変化が深海の生態系に与える影響を調べたいと思います。

########################################

観光に関する情報を電子メールでtravel_astvmgr@hotmail.comに送信するか、クリップを見ることができます。 Youtube:MGRトラベルInstagram:@travelfoodonlineTikTok:@travelfoodonline

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。