奈良で射殺された後、安倍晋三元首相が死亡– THE STANDARD

本日(7月8日)、日本の地元メディアNHKは、安倍晋三元首相が報道した。 日本の旧首都奈良で話しているときに撃たれた後、67歳で亡くなりました。医療チームは可能な限り命を救おうとしました。 しかし、パルスを回復することはできません

当初、警察は犯罪を犯した疑いのある40歳の男性を逮捕しました。 現場で銃器が発見された元日本の指導者の暗殺の正確な動機は不明のままです。

安倍首相は、2006年から2007年と2012年から2020年の間に日本の政治史上最長の首相であり、3回の総選挙で勝利し、平成の最後の首相でした。 天皇陛下の下で、日本人の後、今上天皇徳王の下で令和の治世で最初の首相を務めました

健康上の問題で2020年に国のリーダーとして辞任することを決定する前に世界で最も記憶に残る写真イベントの1つは、彼がマリオの衣装を着ていたときでした。これまでで最も古典的な日本のゲームの1つです。 2016年オリンピックまたはリオ大会の閉会式での2020年オリンピックの開催を支援します。 ブラジル、リオデジャネイロ


Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です