政治-首相が投資を呼び込む日本への訪問の成功を発表-観光70年のバイオ産業を目指す

2022年5月29日日曜日午前6時

首相が日本への訪問を成功させる

投資を引き付ける-観光

70年のバイオ産業を目指す

タイをASEANハブに押し上げる

東部地域のブーム-北東部地域

ビッグトゥ首相は、彼の訪日結果が将来の経済行動にプラスの影響を与えると確信している。 信頼の構築対象となる工業地帯への投資を活性化および拡大する一方で、経済発展、柔軟性、持続可能性は絶えず成長しています。1921年、外国人は760億バーツの投資に関心を示し、2027年にはASEANハブになることを目指しました。東イサン地域。

タナコーン・ワン・ブーンコンチャナは、プラユット・チャンオチャ首相兼国防相が会議に出席した後、成功を繰り返していることを明らかにした。 今回の旅行では、岸田文雄首相、国際協力銀行(JBIC)総裁の前田正氏、日本企業連盟(Kedan Ren)総裁の津倉正香氏とお話を伺う機会がありました。最大の民間部門組織であるこの訪問中に、首相は彼のビジョンを表明し、相互利益を生み出すためのすべての当事者とのタイの協力を強調した。 結果は多くの点でタイの人々に満足と有益です:

-第27回日経フォーラムに出席した首相は、この地域および世界の困難で破壊的な状況において、アジアは柔軟に適応しなければならないことを強調した。 より包摂的な社会の構築を含む持続可能性の支援首相は、経済の活性化はすべてのものと持続可能性への動きとの間のバランスと密接に関連していなければならないと信じています。 これは、アジア諸国が課題を克服するために協力するとタイが信じている3つの主要な問題を提示します。1。経済成長の促進、2。多国間システムの支援、3。経済回復は密接に関連している必要があります。 このアプローチを推進します。

-岸田文雄首相との会談両党は、5月2日にバンコクで議論された問題を進展させ、具体的な成果を達成することを主張した。グローバル戦略的パートナーシップ)」を発表し、APEC首脳会議に参加するための業界における次のレベルの協力を発表します。 東京で開催された第6回日タイ合同高等弁務官会議(HLJC)での5年間にわたる日印パートナーシップの発展における経済的側面、および将来の対象産業への日本の投資の拡大について議論するタイ。 多くの日本企業は、特に電気自動車(EV)と化学、BCG経済学、医学、デジタルおよびスマート農業の分野でタイに関心を示し、投資を始めています。

3.首相は、日本への小グループの観光客を受け入れようとする4つの対象国の1つとしてタイを選んだことに対して日本政府に感謝した。 したがって、より多くの日本人をタイへの旅行に招待します

4.多国間枠組みにおける協力と地域問題に関する協力日本の首相は、今年のAPEC会合を主催するためにタイを支援した。 首相は、タイの利益のための様々な協力分野のインド太平洋経済枠組み(IPEF)内での協力について、米国、日本および他の国々と話し合う準備ができています。

-首相は、国際協力銀行(JBIC)総裁の前田匡史氏と会談し、炭素中立を達成するために日本政府の所得分配と経済成長について日本と協力したいと考えています。 BCGのタイの経済政策に沿って、双方は互いの重要な同盟を信じています。 タイは、日本が様々な分野でASEANを中心に力強くタイの協力を支援することを期待している。 ASEANの成長と強さを生み出す-日本企業連盟(キダンレン)の戸倉正栖会長とタイ貿易経済委員会の鈴木吉久会長との会談-日本のケダンレン首相は、タイがタイの日本人投資家のために世話をし、ビジネス環境を作ります。 大企業、中小企業、新興企業を含む日本の民間セクターがタイでビジネスを行い、タイをサブリージョンの日本のビジネスセンターとして有利に利用することを奨励する。 次の地域では、電気自動車、スマートエレクトロニクス、医療機器、データ、5G、BCGグループなどの将来の産業への投資を増やし、CEEスペースへの投資を特別なケースとして検討し、Kダンレン大統領はタイの重要性を次のように強調しました。さまざまな産業における日本の民間セクターの製造ハブ。 そして今年、ケダンレンの日印貿易経済委員会は、メカニズムを回復するためにタイを訪問する予定です。 K.ダンレンとタイの民間セクター3研究所(Kor.Kor。)の合同委員会との間の次の会議。

-羽田イノベーションシティを視察し、首相とその代表団は、日本の国家政策に従ったスマートシティプロジェクトの管理について学びました。 ハネダンイノベーションシティは、インテリジェントな旅行と輸送における高度な技術研究と実験センターのコレクションです。 スマートロボット技術医療技術水素ステーションと完璧な近代的なショップ、ホテル、オフィス、会議センターのコレクション。 首相は、タイのスマートシティの開発にこのサクセスストーリーを使用するよう関係者全員に指示しました。

「首相は、首相のすべての旅行において、国と国民の利益が最前線にあることを強調しました。 今回もタイは自信を築き、特にリハビリを継続するための持続可能な経済協力の観点から、官民に共通の可能性を秘めたあらゆる面で日本と協力する用意があることを示しました。 そして、それが両国間の経済と社会に大きな利益をもたらすだけでなく、サブリージョンとリージョンに重大な具体的な影響を与えると確信している」とタナコーンは述べた。

首相官邸副スポークスマン、ラチャダ・タナディレク首相の訪日を明らかにする5月26日〜27日、プラユット・チャンオチャ将軍は、日経フォーラムでの演説の一環として、首相が発言したと述べた。バランスを作成することを目的とした国の経済行動の。 不平等を減らし、経済成長を促進します。 この行動は、タイが2027年までにASEANバイオハブになることを推進することを対象としています。

2018年以降、政府はバイオ産業の発展のための包括的な措置を発表し、より多くの外国人投資家が投資委員会事務局から投資促進を申請し、農業や食品加工などのバイオ産業への投資を促進しています。 バイオテクノロジー、投資額76億5000万バーツの合計222件のプロジェクト。1)東部経済圏のStrach熱可塑性バイオプラスチック生産プロジェクト2)東部経済圏のStrachバイオプラスチック生産プロジェクトナコンサワン州のポリ乳酸、3)プロジェクト澱粉廃棄物から生分解性ストローを製造する。 コンケン県

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です