教会は容疑者の母親が安倍首相をメンバーとして撃ったことを認めている

警察のインタビューによると山上徹也 安倍容疑者は、山上容疑者は安倍首相が集団と関係があると信じていたため、安倍首相を殺害するつもりだったと述べた。 警察は彼らの名前を明らかにしなかった。 その後、日本のメディアは、山上氏は宗教団体として、母親が家族の経済的問題を引き起こした団体に多額の寄付をしたことに不満を持っていると報じました。

過去ユニティ教会日本は山上さんのお母さんが本物の会員であることを確認しました。 しかし、寄付の金額に関する情報はありません。

「容疑者の母親の山上は私たちの教会の会員です。彼女は月に一度くらい出席します」と日本の教会の田中知弘大管長は東京での即席の記者会見で言いました。 そして警察が彼の寄付を調査していること。 彼はそれ以上の情報を与えることができなかった。 しかし、捜査官と協力します

「誰かが多額の寄付をしてくれました。誰も寄付したくないので、とても感謝しています」と田中氏は、個人の寄付枠が設定されていることを否定しました。

統一教会は正式には世界平和家族連合として知られています。 団結1950年代に文鮮明によって韓国で設立されました。文鮮明は2012年に亡くなり、世界中に数十万人の信者がいると信じられています。 特に日本と米国では、聖書の宗教は新しい解釈を通して教えられています。

田中氏はまた、山上氏の母親が1998年頃に教会に加わり、教会は彼女が2002年頃に破産したことを知ったと述べた。

田中氏は、「家族が倒産した経緯はわからない」と述べ、安倍首相の殺害に心を打たれたと付け加えた。 これは非常に残念なことであり、前首相は教会の下位組織が主催するイベントで講演しましたが、教会の会員ではありませんでした。

「安倍首相は、私たちの指導者が主導する平和のための世界的な運動を支持しています。 しかし、彼はこの宗教団体のメンバーや顧問ではありませんでした」と田中氏は確認しました。

捜査官は日本のメディアに、山上氏は元々彼が怒らせた氏族の指導者を殺したかったと語った。 しかし、安倍が組織に結びついていると信じて、代わりに安倍に焦点を合わせることにしました。

元首相の葬式は火曜日(7月12日)の埋葬に先立って本日(7月11日)行われた。

共同通信は、複数の情報源が言っていることを引用して報告した。 インターネットから得られた信頼できない情報への山上氏の依存は、宗教団体を日本に連れて来ることに対する安倍首相の目である岸信介前首相からの憎しみを引き出した。 最後に孫に恨みを抱きます

岸は1957年から1960年にかけて日本の首相を務め、世界平和統一家庭連合に関連する政党の創設に関与したと言われています。 共同通信はまた、安倍首相の目が本当にそうであるかどうかは不明であると報告した。 そして実際にこのグループを日本に連れてくるかどうかそして外国人の弟子たちが福音の説教に関与していると信じられています。

校正….SureeSilawong

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。