日本と中国が3-0で勝利し、ユーバー杯準決勝に進出します。

2つのお気に入りのチームが対戦相手を3-0ペアで完了し、トータルエナジーバドミントンBWFプレーオフ2022トーマス-ユーバー杯決勝戦をインパクトアリーナ、ムアントンタニで開催しました

ノンタブリー県パーククレット地区ムアントンタニのインパクトアリーナで開催されたバトル「トータルエナジーBWFトーマス-ユーバーカップ決勝2022」でのバドミントン世界男子および女子チーム選手権65年5月12日木曜日、c最後の8チーム。

ユーバー杯第8戦の女子チーム、日本チームは台湾からの女子シングルスチームと直接対戦します。世界ナンバーワンの山口茜が台湾からの世界の中古大石英を2-0 21試合で破りました。-10、19- 21、21-19、プレー時間56分、日本チームは1-0ペアをリード

日本と中国が3-0で勝利し、ユーバー杯準決勝に進出します。

女子ダブルスでは、福島由紀と廣田彩香が世界3位で、台湾の汪清と汪清を2-1 19-21、21-7、21-14で下した。 日本チームが2-0でリードするのに74分かかりました。

女子シングルスでは、世界6位の奥原希望が台湾の58シードのウェンシシを2-1、15-21.21-13.21-9で下した。 試合は57分続きます。

試合結果のまとめ、日本チームは準決勝に出場した試合で台湾を3-0で下し、韓国とデンマークの勝者を見つけました。

日本と中国が3-0で勝利し、ユーバー杯準決勝に進出します。

ユーバー杯第8戦の女子チーム、中国チームがインドネシアチームと出会う

中国からの世界サードハンドである女子シングルスナンバーワンの陳雨菲は、インドネシアからの世界203ハンドであるコマンアユカヤデイビーを21-12、21-11で破り、42分で競い合いました。 中国チームがリードした.-0ペア

女子ダブルスでは、中国の世界ナンバーワンのチェン・インチェンとジア・イーファンが、インドネシアのファビアナ・ドウィプジ・クスマと世界ナンバー103のアマリア・カヤ・プラティウィを破った。 2-0ゲーム21-19、21-16、プレイ時間48分

日本と中国が3-0で勝利し、ユーバー杯準決勝に進出します。

女子シングルスでは、19-21.21-18.21-7の試合で、中国の世界9位の何冰冰がインドネシアの世界3位のビルキスプラビスタを2-1で下した。 試合は56分続きます。

試合終了後、中国チームは決定的な試合でインドネシアを3-0で下し、準決勝に進出し、タイとインドの勝者を待ちました。

日本と中国が3-0で勝利し、ユーバー杯準決勝に進出します。

日本と中国が3-0で勝利し、ユーバー杯準決勝に進出します。
日本と中国が3-0で勝利し、ユーバー杯準決勝に進出します。

ニュースをフォローする別の方法
@Siamsportに友達を追加する
友達追加

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。