日本のインフレ率は 3.7% に達し、40 年ぶりの最高水準となり、中央銀行は政策の調整を余儀なくされました。

日本はかつて、世界で最もインフレ率の低い国の 1 つでした。 他の国とは異なり、11 月の最新のインフレ率は 41 年ぶりの最高水準に戻りました。

11 月のコア消費者物価インフレ率は前年比 3.7% に達し、1981 年以来 41 年ぶりの高水準に達しました。日本のインフレ率は 4% 近くまで上昇するでしょう。

一方、11 月のコアインフレ率は前年比 2.8% に達し、日本銀行 (BoJ) のインフレ目標を 8 か月連続で上回った。これは、日本のインフレが長引くリスクを反映している。 減速するのが難しい場合があります

これは、さまざまな企業がコストの上昇を消費者に転嫁し続けている結果であり、幅広い製品価格の上昇に反映されていると予想されます。

公共料金に加えて フライドチキンからスマートフォン、エアコンまでさまざまな商品の価格も高騰 これはインフレ圧力が高まっている兆候です。

さらに、多くのサプライヤーは、2023 年に継続的に製品価格を引き上げる予定です。

今週初め、日銀はインフレを抑えるために 10 年債の利回りを 0.25% から 0.50% に引き上げて市場を驚かせました。

10 月の日銀会合の議事録は、多くの理事会メンバーがハイパーインフレのリスクに注意を向けていることを示しています。 経済対策の撤回の可能性

アナリストは、エネルギー価格の下落と、2023 年 2 月から開始される電気料金の補助金措置により、来年の日本のインフレ率は 2% の目標に向かって減速すると予想していますが、

しかし、先月のインフレ率は高水準にとどまりました。 これにより、日銀が来年市場を驚かせて金融政策を調整するリスクが高まります。

ソース:

  • https://www.Reuters.com/markets/asia/japans-nov-core-consumer-inflation-hits-fresh-40-year-high-2022-12-22/
  • https://www.bbc.com/news/business-64072866
  • https://media.kkpfg.com/document/2022/Dec/KKP%20今日の%20Focus%2023-Dec-2022.pdf

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です