日本の与党は安倍暗殺後の地滑りに勝つことを誓う

AFP

日本の与党は安倍暗殺後の地滑りに勝つことを誓う

日本の現与党である自民党(LDP)は、日本で最も長く勤めている首相である安倍晋三氏が暗殺された後の7月10日の議会選挙で、より多くの支持を獲得する可能性が高い。 党の主要な権力者であることに加えて、日本人に広く受け入れられている有名な政治家である

衆議院よりも権力の少ない参議院選挙は、現政権に対する国民投票と見なされることが多い。 一方、最近の世論調査では、岸田文雄首相の指揮下にある自民党が安倍首相の近くにいることが示されている。 しっかりとしたサポート

政治アナリストは、自民党と公明党の同盟が今回の選挙でより多くの支持を受けるだろうと予測している。 有権者の共感の中日本人がまだ安倍氏の死を悼んでいる時代。

投票は本日午前7時から午後8時まで開かれますが、日本のメディアは、投票者の15.3%がすでに投票したと報じています。

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です