日本の公衆衛生省はファイザーのコロナウイルスピルに緑色の光を与え、軽度の患者のための選択肢を拡大します

昨日 (2月10日)日本の厚生労働省Paxlovidは、軽度の症状を持つ患者の治療選択肢を増やすために、米国の製薬大手ファイザー社によって承認されました。

上記の承認は、オミクロン変異ウイルスの感染によりCOVID-19の症例数が増加したため、省委員会がそのような薬剤の使用を承認した後に行われました。 Paxlovidは、2つの抗ウイルス薬であるNermatrelvirを含む錠剤です。 (ニルマトレルビル)およびリトナビル(リトナビル)

Paxlovidは、コロナウイルスによって引き起こされる軽度の病気の治療に使用される日本で2番目の経口薬になります。 日本政府の計画によれば、同省はまもなく関連する承認プロセスの完了を促進し、4万人に十分な医薬品の供給につながると期待している。

日本はファイザー社の日本子会社と今年200万人に十分な薬を提供することで合意に達し、後藤茂之大臣は経口薬がコビッドの軽度の症状の治療に重要な役割を果たすと述べた。

参考:新華社通信


Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。