日本の女子はカナダをペアで4-1で下し、ユーバー杯で優勝しました。

ノンタブリ県ムアントンタニのインパクトアリーナで開催されたバドミントン世界男子選手権と女子選手権「トータルエナジーBWFトーマス-ユーバー杯決勝2022」(トータルエナジーBWFトーマス&ユーバー杯決勝2022)は、65年5月11日水曜日に開催されます。グループステージのフィールド、3番目の試合。

ユーバー杯女子チームカテゴリーAグループ選手権試合日本vsインドネシア

最初の試合、女子シングルス、世界ナンバーワンのブレギス・パシスタ、インドネシアから世界で333位、山口茜、日本からの世界ナンバーワン、2-0マッチ21-19、21-19を破った。 時間をかけて競争してください。 35分

女子ダブルスマッチ2:世界7位の松山奈未と志田史が世界199位のインドネシアのメラニー・ママヒットとタイオラ・ナディアを2-1で下した。最後の66分間で21-16、18-21、21-15と対戦。

日本の女子はカナダをペアで4-1で下し、ユーバー杯で優勝しました。

3試合目は女子シングルスの中古13シード高橋沙也加がインドネシアの世界No.355タシャファラナランを2-0、21-9 21-5で下し、28分に終わった。

マッチ4、女子ダブルス、セカンドシード福島由紀、世界930位松本麻佑、ラニー・ティア・マヤサリとジェシタ・プルティ・ミエンドタロを破って世界1475位インドネシア2-0マッチ21-1421-15試合時間37分

日本の女子はカナダをペアで4-1で下し、ユーバー杯で優勝しました。

マッチ5、女子シングルス、3番手、世界127番手、郡司莉子がインドネシアからの世界661番手、ジティ・サラ・アサラを21-12、24-22で破り、36分で試合に臨んだ。

試合のまとめ、日本チームはグループAチャンピオンシップを勝ち取るために4-1ペアを獲得しました。3試合連続で勝利することで支配され、インドネシアはグループの第2ラウンドに出場し、2勝し、1敗しました。

他のグループステージの試合の結果について3番目の試合は次のとおりでした:ユーバー杯グループA、ドイツ3-2フランス、ユーバー杯グループD、韓国5-0インド、カナダ3-2米国。

日本の女子はカナダをペアで4-1で下し、ユーバー杯で優勝しました。

日本の女子はカナダをペアで4-1で下し、ユーバー杯で優勝しました。

ニュースをフォローする別の方法
@Siamsportに友達を追加する
友達追加

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。