日本の指導者がNATO首脳会合に出席する前に、アジア史上初の岸田文雄



共同通信は(6月29日)、岸田文雄首相が水曜日に北大西洋条約機構の首脳会談に出席するために訪れたと報じた。 日本の最初のリーダーになるNATOの同盟は、中国の影響力が拡大する中、アジア太平洋諸国との関係を強化しようとしています。

NATO会議はスペインで2日間予定されています。 ドイツでのG7首脳会議の後、NATO加盟国は同盟を見つける決意を固めています。 ロシアのウクライナ侵攻後、次の10年間の戦略的協力のための新しいアイデアが提示されます

今年、NATOは日本、韓国、オーストラリア、ニュージーランドの指導者を招待しました。 会議に出席するアジア太平洋のパートナー国としてこれはNATOによる前例のない動きです。

以前、NATOの戦略的概念であるアフガニスタンに焦点を当てることは中国についてあまり言及していませんでしたが、ウクライナでのロシア戦争は次の戦争があるかもしれないという恐れを引き起こしました。 岸田文雄は、インド太平洋に中国が関与する可能性があることから、世界のどこでも力ずくであらゆる国家の現状を変えるための協調的な努力を呼びかけるべきである。

中国は、自治民主主義の島である台湾に圧力をかけています。 北京はそれを中国の主権下の領土と見なし、南シナ海の紛争地域でも軍の駐屯地を使用しています。 そして、日本が支配する東シナ海の小島群である尖閣諸島(または中国の釣魚島)周辺の海域に侵入しました。 しかし、北京は常に主張してきました。

日本は7つの工業国の中で唯一のアジアのメンバーです。 彼は彼らの立場を反映するために動いた。彼はモスクワをボイコットするために米国とヨーロッパ諸国へのデマーチを続けた。

米国は、アジア太平洋諸国がNATO首脳会合に参加したことを祝福した。 これは、ヨーロッパと地域の安全保障の間のより深いつながりを示しています。 また、ロシアや中国のような権威主義体制に反対する民主主義の世界もあります。

イェンス・ストルテンベルグNATO事務局長彼は、NATOの新しい戦略的概念は2010年以来初めて作り直されると述べた。それはロシアに言及すべきである。 これは、中国の安全保障と価値の課題に取り組む一方で、同盟にとって「最も重要で直接的な脅威」です。

NATOは、1949年に米国、カナダ、および多くの西ヨーロッパ諸国によって設立されました。 ソビエト連邦とその東ヨーロッパの同盟国からの脅威から身を守るため。

30の全国会員を持つ組織になり、フィンランドとスウェーデンに加盟しました。 ロシアのウクライナ侵攻後の長年の非軍事政策を終わらせる。

NATOとアジア太平洋諸国との関係については、オーストラリア、日本、ニュージーランド、韓国との「政治交渉と実用的協力」を強化する計画が続いている。

オーストラリア、日本、韓国はすべて米国の安全保障同盟国です。 オーストラリアとニュージーランドは、英国、カナダ、米国を含む「ファイブアイズ」インテリジェンス共有同盟の一部でもあります。 日本とオーストラリアは米国とインドとともにクワッドのメンバーですが。 最新のものはブルーパシフィック「ブルーパシフィックパートナーズ」(PBP)です

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。